夫が仕事を辞めてネットゲームばかりしていて離婚に 女性 35歳 K.J.さん

元旦那と私は、趣味のサークルを通じて、私が32歳、元旦那は、40歳の時、結婚しました。

お互い頑張っていた日々

元旦那は、新しい仕事を始めました。毎日私も節約のためお弁当を作ったり、家事にいそしんだり、毎日頑張っていました。

しかし、元旦那はつまらなそうにしていました。派遣社員の元旦那は、ある日から仕事場で困り始めました。「仕事がない」と。

「上司に仕事がないか確認したらどう?」と私も提案しましたが、「自分は言われないとわからない」と頑として、自分の生き方を貫いていました。

仕事を退職した

元旦那は会社で、受け身スタイルを崩さずにいたので、仕事を退職してしまいました

仕事を辞めてからといっては、転職活動を繰り返してはいたのですが、仕事が決まらず、暇な日はネットゲームばかりしていました。ネットゲームの人間関係にも疲れて、日ごろなく日々。

私も元旦那をどう対応していいか?わかりませんでした。田舎に住んでいたので、都会に住んだら仕事が決まるのではないか?ということで、私の両親の家に、居候することになりました。

居候の日々

両親の実家の私の部屋に、居候しました。住民票もここに移しました。しかし、転職活動をする気配を見せません。

職安の若年者の就職サポートを受けたりしていましたが、カウンセラーの文句ばかり言うだけで、収入も高望みするばかりでした。暇な日はネットゲームばかりしているので、私もこのままではいけないと思い、コールセンターのバイトの面接を受けて、私が仕事に通う毎日でした。

元旦那はどこに行くわけでもなく、家でゲームばかりしていました。私の両親は元旦那をよくは思わず、家にもいづらくなり、二人して実家を引っ越し、また二人だけの生活に戻りました。

最終的な決断

二人だけの生活に戻って、元旦那も収入がないので不安でした。私だけの収入では、将来も不安になりますし、毎日生きていくだけで、ずっとネットゲームをしている旦那と一緒にいる自信がなくなりました。

せめて少しのお金でもいい、ネットをするくらいなら、ネットで在宅ワークをしてみるなど、そういう気持ちになれない旦那と私の間に、どんどん溝ができていきました。

私本人の糸が切れたのは、私のお金を持って、女性友達と遊びに行っていたことです。経済的不安もあるのに、もう私への気持ちはないのだなと思い、離婚してもらうことにしました。

私はそれから、初心者でもとれそうな資格を取得して、転職をして、その後、再婚をしました。新しい人生のスタートを切って、よかったと思います。あの時の判断は間違っていませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ