働かない夫とは離婚した方がいいの?離婚の前に出来ることは?

「夫が働いてくれない」。そのことが原因で、離婚したいと考える女性も少なくないです。

「妻が働けばなんとかなるのでは」と考える人もいますが、そうだったとしても「家事や育児を全くやってくれない」という夫もいます。

色々な意味で「働かない夫」は、妻にとって大きな悩みのタネに。

そうなると「働かない夫と一緒にいるより、離婚をしたほうがいい」と考える女性も多いのですが、ちょっと待ってください。離婚する前に、できることがあります。

今まで働いていた夫が働かない夫へ…病気を疑ってみることも必要です

それまで元気に働いていたのに、ある時を境に働かない夫になってしまった…。

このようなパターンも多いようです。妻にしてみれば、「今まで働いてくれていたのに、どうして急に働かなくなってしまったんだろう」と考えるでしょう。もしかすると、そこには精神的な病気が隠れているかもしれません。

代表的なものが「鬱病」ですね。鬱になると気分の落ち込みが続いたり、未来に希望を持つことができなくなったり、無気力になったり、「これまでできていたことが、できなくなる」ということが多いです。

もちろん人によって症状は違いますが、本人の様子がおかしいと思ったら疑ってみてもいいかもしれません。鬱の場合は、医師と連携しながらカウンセリングをしたり、服薬をすることで治療をしていくことになります。本人が辛そうなら、一緒に病院へ行ってみてはいかがでしょう。

意外に多い!働かない夫の原因は発達障害だった?

転職を繰り返したり、仕事が長続きしない夫に困っている女性はいませんか?もしそういう夫だったら、職場での人間関係や仕事ぶりを少しチェックしてみてください。

仕事がうまくいかずに転職を繰り返している人が検査を受けたら、発達障害だった!ということも増えています。今でこそ有名になった発達障害ですが、昔はそのノウハウがなかったために「障害をみつけてもらえないまま大人になってしまった」ということもあるそう。

発達障害があると、人間関係をスムーズに構築することができなかったり、仕事をする上で困難がでてくることも解っています。

大人の場合は発見が難しいと言われていますし、本人が検査を受けたがらないこともありますが、発達障害の場合は医師の診断を受けて相談をしながら生活をされることが一番いいです。「もしかして」と思ったら、行動されることをお勧めします。

働かない夫の心は健康ですか?リストラのダメージは大きい

働かない夫が「なぜ仕事をしないのか」の原因には、リストラが関係していることもあります。リストラ後に働かなくなってしまった場合は、社会人として自信を失ってしまっていることも。

この場合は、少し時間をおいて自信を取り戻してもらうしかありません。下手に焦ってしまうと、プレッシャーになって却って自暴自棄になってしまうこともあります。まずは焦らずに見守ることも必要です。

働かない夫との離婚を考える前に…!「夫婦関係調整調停」の存在

働かない夫が原因で離婚を考えている、もし夫婦がそれを受け入れるのであれば、離婚に向かって行動されるのは間違ったことではありません。ただ、「離婚したいけれど、まだ未練がある」という状態で悩んでいる場合は「夫婦関係調整調停」というものを頼ってみる方法もあります。

「夫婦関係調整調停」では、夫婦がもう一度円満な関係を取り戻すにはどうしたらいいのか?などを相談することができ、アドバイスをもらうことができます。

「離婚するかどうか迷っている」という時でも利用することができるので、働かない夫のことをまずはここで相談してみて、客観的な意見をもらってみてはいかがでしょう。離婚自体はいつでもできますので、その前にできることがあればやってみることもひとつの方法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ