離婚時の慰謝料はどんな時に貰えるの?慰謝料が貰えないケースもある!

離婚といえば、慰謝料という言葉を思い出しますが、慰謝料とは一体どんな時に貰えるものなのでしょうか?

反対に、自分が払わなければならない事態になるかもしれません。

離婚するだけで貰えるものなのか?

どのぐらいの額をどのよいに請求する、されるのでしょうか?

離婚の時の慰謝料って何?その額はいくら?

慰謝料とは、夫婦のうちどちらかが、相手に対して離婚を決めさせるような行為に及んだ時に、発生するものです。

その金額は、50万円?300万円といわれていますが、これは一般的な相場であって、結婚年数や、相手に対しての不快な行為の度合いによっても金額は変わってきます。また、この様な金額が発生するのには、裁判所での決定においてです。

協議離婚といって、夫婦2人で話し合った場合での金額は、お互いで決定します。

どんな理由の時に慰謝料は発生するの?その金額は

  • 不貞行為
  • 相手の不倫が原因で精神的ダメージをうけた
    100万~300万

  • DVなどの暴力をうけた
  • 相手の身勝手な思いで、暴力をうけた
    60万~100万

  • 生活費を入れない
  • 夫婦は経済的な面もお互いが共にしなくてはならないという義務があります。なので、勝手に生活費をいれない行為は離婚理由になります。
    60万~300万

この金額はだいたいの金額であって、相手の行為の度合いや、結婚年数によっても金額は増減します。

相手から慰謝料を貰うのは簡単?手続きの方法は

慰謝料請求の手続き自体は、そんなに難しい事ではありません。

ただ、相手の不貞行為の証拠を揃えるのは大変です。今は身体の関係があったという証拠が揃わないと、なかなか慰謝料を支払わせるまでには至らない場合が多いです。

慰謝料決定までの簡単な流れ

  • 家庭裁判所へ「訴状」を提出
  • 相手が不貞行為や、DVなど離婚の理由が明確な場合は、それを証明するものを用意する。
  • 裁判所での話し合いになります。
  • 話し合いの最中でも、裁判所側から和解の打診があります。

その時に和解で成立出来れば良いですが、出来ない場合は裁判所側に判断して決定してもらいます。

慰謝料を請求出来ない時はあるの?それはどんなケース?

離婚をするにあたって、慰謝料が請求出来ない事もいくつかあります。

  • 性格の不一致
  • 宗教上でのトラブル
  • 相手の家族との不和
  • お互いに不貞行為がある

性格の不一致での離婚は多いですが、これはお互いさまといえてしまうので、離婚は出来たとしても、慰謝料の請求には至らないです。

他にも、別居をしていた、既に夫婦関係は破綻していた、などの理由の時も慰謝料は請求出来ません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ