離婚したいけど何からは始めたらいいの?人生計画を具体的に考える

もう夫婦生活に限界が来てこれ以上は夫とは暮らせない。

そう思い離婚に踏み切ろうにも漠然とその思いがあるだけで、具体的に何をしていけばいいのか分からない。そんな女性もいます。

そこで離婚するにあたり準備しておくべき事について解説してきます。

これから歩みたい人生を考えてみる事から始める

まず離婚するにあたり、考えるべきは離婚した後に、どのような人生を送るのかです。

さっさと離婚して一刻も速く別れたいのか、離婚した後にも生きていけるように、経済的な基盤を固める事を優先して、長期的な視点での離婚交渉に臨んでいくのか考えてみましょう。

また離婚する方法も夫婦の話し合いだけで決めるのか、あるいは夫婦間だけでは難しいなら、離婚調停に踏み切るのか、考えてみましょう。

まず、する事は離婚をどのような形でするのか、具体的にイメージしてみる事です。

離婚した後の仕事は考えておかないと大変

普通は離婚した時には、妻の方が一時的には生活が厳しくなります。専業主婦をしていた人などは、基本的には夫の収入を当てにして生きています。

ですから、夫という経済の保証が無くなると今度は自分で稼がないといけません。子供ができたので仕事を辞めて、しばらくはアルバイトをしていたのなら、これから本格的に就職する時に、すぐに対応ができるのかが重要です。それにより離婚協議への取り組み方も考えないといけません。

住宅ローンの事も考えておく必要がある

離婚した後の人生計画が具体的に浮かんできたところで、仕事による収入がどの程度見込めるのか考えておきましょう。

それにより離婚後の家計について具体的に見えてきます。とにかく離婚してからの生活基盤を固める事が一番重要です。それから離婚した後の住宅の問題もあります。

結婚していた時に共に住んでいた家で継続して住むのなら、支払途中の家のローンはどうするのかも考えます。転居するのなら家賃がかかります。もしも、お子さんがいるのなら子供にとってはどちらがいいのかも検討しないといけません。

まとめ

離婚後の事を考えて具体的にイージをしていくと、離婚に対しても随分と現実味が帯びてきます。そしれこれからするべき行動も準備もはっきりとしてきます。しかし、未来を確実に読み取るなど人間には不可能です。

それ故、ある程度の不安も覚悟で前に進んでいかないといけません。十分に準備をしたらいざ離婚に踏み切りましょう。もう、離婚すると決めたのなら離婚をマイナスにばかり捉えないで、新しい生活の始まりと考えて人生を再スタートしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ