調停離婚一人では不安!弁護士に依頼すれば負担が減る

離婚する時に多くの人達は協議離婚します。

夫婦間の話し合いで決着がつけばそれに越した事はありません。しかし、離婚にはいろいろな利害関係や感情のもつれなどもあるので、おいそれと話し合いが進まない時があります。

そんな時に、夫婦の間だけでは決着がつかない時には、離婚調停を選択します。その際頼りなるのが弁護士です。弁護士に依頼すると何をしてくれるのでしょうか。

複数ある面倒な手続きも代行してくれる

離婚調停を弁護士に依頼して行う時には、弁護士は申し立て手続きを代行でしてくれます。また一般に弁護士は法律上の手続きにおいても、できる範囲が広い事から全て申し立て手続きを任せる事ができます。

弁護士は聞き取りを行い、依頼してきた人にどのような形での離婚を希望しているのか確認します。そしてそれが法的に可能であるのか判断して、アドバイスを依頼者にするのです。

そのような事を通して、どのような方向性で話し合いを進めていくのかを決めます。そしてその内容を元にして調停申し立て書を作ります。

調停期日の時でもサポートするのが仕事

弁護士に離婚調停を依頼した時には、各種の面倒な手続きも代行してくれます。それだけではなくて、調停期日でもサポートしてくれます。例えば調停期日でも一緒に来てくれます。

また調停が行われている部屋にも一緒に同行して、調停委員に意見を述べる事もありますし、調停員の間違いを指摘する事もあります。このような形で弁護士が依頼者の横でサポートするように働きます。

弁護士に依頼する事で得られる利点とは

まずは手間がかからない事です。離婚調停をする上では面倒な手続きや裁判所とのやり取りが必要になります。これらを代行してくれるのですから、依頼者の負担は減ります。

それから、精神的にゆとりができる事も利点でしょう。調停をしている時でも、困った事は弁護士に相談できます。そして弁護士がつく事での利点で大きいのは、事がスムーズに運びやすい点です。

離婚調停の話し合いについてきますし、調停員を説得もしてくれます。また調停員の間違いも指摘します。弁護士が付いてくれる事で調停がうまく進みやすいのです。

まとめ

離婚は結婚よりもずっとエネルギーがいる事だとはよく言います。

感情的なもつれ、金銭的な問題、これからの将来への不安などエネルギーを消耗する事がたくさんです。夫婦の話しあいだけで決着がつけばいいのですが、利害関係なども複雑に絡み合いますから、なかなか話し合いがうまく進まない事もあります。

そんな時には離婚調停を検討しないといけません。そこで弁護士の力を借りる事が出来たら、肉体的にも精神的にもだいぶ負担が減らせるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ