夫が不倫をしているように思える!証拠集めはどうしたら良いの?

離婚の原因が夫の不倫の場合には、いかに証拠を集めて、離婚をする際にそれを提示して夫の有責にするかということが大事になります。

ここで大事なのは離婚のための証拠集めです。証拠集めはどのようにしたら良いのでしょうか?

夫の携帯電話を見る

携帯電話には不倫相手とのやり取りがたくさん残っていることが期待できます。

なかなかそういった重要な物は手放さないように、見つからないようにロックをかけたりして、持ち歩いていることだと思いますが、見るチャンスがあった際には必ずチェックするようにしましょう。

横に置いたまま熟睡している、置き忘れて出かけていったという時はチャンスです。そしてそこで見た証拠は消去されてしまう恐れがあるので、必ず自分の携帯に転送などして保存するようにしましょう。

財布、夫の部屋、車なども有効な証拠が残っている場合があります

夫が不倫をしているのではないかと思う場合に、携帯電話と合わせて証拠が見つかりやすいのは、夫の財布、部屋、車です。財布の中にはレシートが入っていて、いつ何を買ったか、どこに行ったかという記録が残されている場合もあります。

相手の女性とデートをした際の、有効な手掛かりとなる証拠が残っているかもしれません。また夫の部屋が自宅にあるという場合にも、不倫の手掛かりになる物が置いてある場合もあります。

そういった物がないか探ってみましょう。車内も女性を乗せてドライブをした場合の、記録や証拠が残されている場合があります。車のメーターが会社に通勤しているだけなのに、著しく距離が進んでいるなど不審な点をつかむこともできますし、女性の髪の毛が落ちていたり臭いが残っていたりする場合もあります。

証拠探しをしている時には、虚しくなってしまう気持ちもありますが、相手を有責にして離婚するためには頑張って証拠集めをしましょう。

夫の行動を記録する

夫の帰宅時間などを毎日チェックして記録しておくようにしましょう。

言い訳などに使われるのは残業、飲み会が多いことと思います。そして休日にデートをする際も、休日出勤という理由を使う人が多いです。しかし本人がこういった嘘を重ねていたとしても、本人がその場しのぎで言っていて、後から問い詰めた時にはつじつまが合わなくなる時があります。

こちらの方はしっかりと記録をしておいて、忘れないように覚えておきましょう。

探偵を雇う

一番確実でお金がかかるけれども、相手といる証拠を集めるためには、探偵を雇って証拠集めをプロにお願いするという方法もあります。

探偵は数十万円単位でお金がかかりますが、女性とホテルに行ったり、デートしている決定的な証拠集めをしてくれるので、それが動かない証拠となります。離婚をしたい、決定的な証拠がほしい時には有効になります。

このように証拠を集めるには色々な方法があります。夫が不倫をしているように思える、そして不倫をしているなら別れたいと思うのであれば、このようにして証拠集めをしていきましょう。

証拠集めをして夫が不倫しているということが固まれば、自分の方が有利に離婚を進めることができますし、夫を有責として離婚ができるので慰謝料などもしっかりともらえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ