円満な離婚を目指すためには?心がけたい5つのポイント!

離婚には必ず原因があります。相手方の浮気やギャンブル癖、借金や性格の不一致など、その理由は人によって様々です。

ただ、感情的なままお互いに遺恨を残すような別れ方は、出来ることなら避けたいところです。

離婚理由がどうであれ、一度は共に人生を歩んできた間柄ですから、感情的にならず、お互いが納得した形で円満な別れ方をする事は、これから別々の道を歩んで行く二人にとって、より良い選択ではないでしょうか。

ここでは、円満な離婚をするために心がけたい5つのポイントを紹介していきます。

1:何故、離婚をしたいのか?離婚理由を明確に!

まず始めに、何故、自分は離婚をしたいのか?という事を自身の中で整理しておく必要があります。これは、この先お互いに話し合いをする上で重要なポイントになってきます。

また万が一、協議離婚(話し合いによる離婚)が不成立となった場合、今後は離婚調停に進みます。その際、家庭裁判所の調停員に離婚の説明を行なう事になりますので、何故、離婚したいのか?を自分なりに整理し、明確にしておく事が大切です。

2:離婚を切り出すタイミングは?大事なのは冷静さ!

まずは自分自身が落ち着くこと

離婚を切り出すタイミングとして、まずは自分自身が落ち着いて話せる時を選びます。もちろん、突然相手に話を切り出すわけですから、自分は冷静だからといって、相手が感情的になっている場合は避けた方が良いです。

不測の事態も想定し、常に冷静さを保つこと

とは言うものの、相手にとっては寝耳に水の話ですから、場合によっては「突然何を言ってるの?」「なんで今、その話をするの?」といった状況も考えられます。そんな時に、こちらが感情的になってしまったら、せっかく切り出した話もこじれるばかりです。

そうならないためにも、自身が常に冷静さを保てるよう心がけましょう。

3:話し合いは長丁場?焦らず慌てずじっくりと!

一度や二度の話し合いで合意に達するのは稀である

離婚の話し合いには時間がかかります。一度や二度の話し合いで双方が合意に達する事は稀と言えます。何故なら、離婚に際しては、慰謝料や財産分与、お子様が居る場合は親権問題など、決めなければならないことが沢山あるからです。

これらは、離婚に対しての最重要ポイントとなりますので、決して焦りは禁物です。まずは、じっくり腰を据えて話し合いに臨みましょう。

万が一、決裂した場合の対処法は?

スムーズに話し合いを進めることが出来る事が一番良いのですが、離婚の話し合いというのは、なかなかスムーズに進まない事が多いのも特徴です。万が一、話し合いがこじれて平行線、もしくは決裂してしまったら、どうすれば良いか?

そんな時も慌てたり焦ったりする必要はありません。また、決して感情的になってはいけません。まずは貴方自身が、相手に対し誠意を持って話し合いをしたいという姿勢を示しましょう。大切なのは、話し合いの中で双方の着地点を見つけ出す事です。それでも平行線のままならば、その時は第三者に仲介に入ってもらうという方法もあります。

4:慰謝料などの相場は?事前に確認しておく事が大事!

まずはリストアップを

次に、お金に関する事柄です。いざ、離婚をするとなった場合、預貯金や保険、電化製品や土地・建物などの共有財産のほか、慰謝料や養育費といった事に対し、金銭的な話し合いをする必要が出てきます。

話し合いをする前に、まずはどういった物が発生するかをリストアップしておきましょう。

慰謝料や養育費には法令で定められた相場がある

慰謝料や養育費の金額については、法令で定められた算出方法があります。ですから、仮に法外な金額を要求されたとしても、素直に了承する必要はありません。

お金というのは、双方にとっても切実な問題です。金額面でこじれないためにも、自身が法令で定めた算出方法を把握し、妥当な金額はいくらなのか?という事を事前に確認しておく事が大切です。

5:どこまでなら譲れる?自身の妥協点を見つけておく!

自分なりの妥協点を探してみる

これも大事なポイントのひとつですが、いざ話し合いを始めて行くと、相手方がこちらの予想していない様な要求をしてくる場合が考えられます。

その時どうすれば良いか?あらかじめ自身の妥協点を見つけておき、相手方に要求された際にその妥協点を提示する事で、大きくこじれることなくスムーズな話し合いが出来ます。

親権や面会についての妥協点

金額的な場合もありますが、多くはお子さんが居る場合の親権や、面会についての問題がこれに該当します。

成人されたお子さんの場合は大きな問題になることは少ないですが、未成年(特に小さいお子さん)の場合には、親権や面会についての問題が大きな争点となります。

親権については、10歳未満の子供の親権は母親に、15歳未満の子供の親権は、本人に意思を確認した上で当人同士が協議する。15歳以上の子供であれば、本人の意思を尊重する。といった解決事例も出ています。

また、面会の頻度については、月に1回というのが平均的ですが、子供の年齢が0歳~未就学児の場合、月に1回もしくはそれ以下の場合も考えられます。

まずは、話し合いの前に、これらの事例を調べた上で自身の妥協点を見つけておくのも一つの方法です。

まとめ

今回紹介した5つのポイントについてまとめます。

    <心がけたい5つのポイント>

  • 離婚理由を明確にしておく
  • 離婚を切り出す時は冷静さをなくさないように
  • 話し合いは、焦らず慌てずじっくりと
  • 慰謝料などの金額的な相場は、事前に把握しておく
  • スムーズな話し合いのためにも、自身の妥協点を見つけておく

円満な離婚を目指すための話し合いで最も重要なのは、相手に対し真摯に向き合うという事です。話し合いで解決しようとしているのですから、感情的になり喧嘩腰で向き合うのは、話し合いとは言えません。

円満に解決するためには、真摯に向き合える冷静さと解決しようとする姿勢が大切です。

離婚には、相当な体力と気力が必要です。特に小さいお子さんがいる場合、お子さんにとっては今まで当たり前だった風景が一変するわけですから、精神的なダメージは計り知れません。

それでも離婚に踏み切るというのであれば、可能な限り円満に解決する事が、互いにとって精神的負担の軽減にも繋がりますし、今後のお互いの人生においても、より良きものになると考えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ