3組に1組が離婚!?夫婦が離婚へ踏み出してしまう理由はコレ!

日本の離婚率はとても多くて「3組に1組の夫婦が離婚している」というのが現状です。

離婚が多いと、周りの人間も離婚をするのに抵抗が無くなるのが怖い事です。

離婚をするのがアブノーマルの事ならば離婚を簡単に行おうとしませんが、最近の日本では離婚をしても、そこまで不思議じゃなくなっているのは良くない風潮だと思います。

離婚の原因はたくさんありますが、今回は離婚の原因になりやすい事について記事を書いていきます。

モラハラを行う相手に耐え切れなくなって離婚

世の中にはモラハラを行ってしまう男性がいます。例えば「男は偉い」という考え方を持っている男性は亭主関白になりやすいです。奥さんも家事で頑張っているのに、そういうのを褒めてくれなかったりする旦那もいるので、そのような旦那を持っている奥さんは、パワハラを我慢をしながら生活を行う事になるのでストレスがたまってしまいます。

そして、モラハラだけではなくて、DVまで行ってしまう夫だと子供がいた場合に子供にもトラウマを与えてしまうので、そういう場合は、自分の身のためにも離婚を行っても仕方ないと感じます。

働かないで経済力の無い相手に愛想をつかして離婚

働かない旦那だと奥さんは家事を行いながら仕事を行うしかなくなるので、体がもちません。当然ですが、人間はお金が無いと生活が出来ません。もし働かないで家でお酒ばかり飲んでいる旦那がいたら、それは離婚もしたくなります。

価値観の不一致により一緒に住むのが苦痛になって離婚

価値観の不一致が離婚の原因で1番多いです。子供の教育の価値観や、生活での価値観など、夫婦同士の価値観が合わないと喧嘩がたえません。そうなってしまうと、お互いも「この人とは合わないな」と感じてしまい、離婚に踏み切ってしまうの場合が多いです。

まとめ

離婚を行うのは夫婦の勝手かもしれませんが、もしお子さんがいた場合、1番可哀そうなのはお子さんです。自分たちのワガママで、お子さんに嫌な思いをさせるならば、最初から結婚をするなと感じます。

最近はできちゃった婚が多いのですが、性行為をする際はキチンとケジメをつけて行ってもらいたいです。ケジメもなくて子供が生まれました、旦那と気が合いませんでした、別れましたでは無責任すぎます。もう少し後の事を考えるように、しっかりとしてほしいです。

そして、離婚は日本だけが多いわけでは無いです。アメリカは「2組に1組」が離婚をしているようなので、日本よりも多いです。世界でも離婚が当たり前になっているのが怖いと感じます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ