女性が離婚する為にやっておくべき事とは?十分な準備が必要!

離婚をしたいと思ったら、同じ家で一緒に過ごすのが耐えられなくなる女性も少なくはないでしょう。

ですが、感情に流されて衝動的に家を出てしまうろ、離婚する際に苦労してしまうことになりかねません。

旦那の暴力などの危険がある場合は別として、離婚を決めたら、十分に離婚に向けて準備をする必要があります。

離婚の原因となる証拠が必要!証拠が慰謝料の鍵となる!

もしあなたが離婚を考えていて慰謝料を請求するつもり、まずは旦那との離婚の原因となる証拠を集めましょう。旦那が浮気をしている場合には、浮気を証明する証拠が必要です。

浮気相手とのメールでの肉体関係の事実がわかるようなやり取りや、旦那本人が浮気の事実を認めた念書などがあれば、慰謝料が増額につながります。旦那の暴力やモラハラが離婚原因の場合には、外傷があれば写真に残し、医師に診断書をもらいましょう。

精神的な苦痛は、日記につけておいたり、精神科などを受診して診断書を取っておくと良いです。離婚原因となる証拠を集めておくことで、離婚が有利に進むかもしれません。

離婚後はお金が掛かる!離婚に向けて貯金する!

離婚すると決めたら、離婚に向けて貯金を始めましょう。離婚が決まれば慰謝料や財産分与などでお金が入ってくるかも分かりませんが、まずは当面の資金が必要です。

別居するには引っ越し費用や敷金礼金、生活費も必要ですし、家具や電化製品も揃えなければなりません。別居に踏み切るまでに、まずは100万円程は自分の為の口座に貯金をしておく必要があります。

専業主婦の場合には、なかなか余分に貯金をすることが難しいかもしれません。離婚を決意したのであれば、仕事を見つけて収入を確保し、お金をためておくようにしましょう。

離婚後の住居や仕事!自立できる環境を整える!

旦那と離婚したら、あなたが自分で生活費を稼がなければなりません。離婚する前に、仕事先を見つけて仕事を始めておきましょう。経済的に安定していれば、子供が居た場合に親権の獲得にも有利になるでしょう。

仕事が決まり経済的に自立できる準備が整えば、次に離婚後の住まいを探しましょう。女性が働いて得る収入は男性に比べて須少ないのが現実です。収入に見合った予算内で住まいを探さなければなりません。

子供がいる場合には、生活環境の良い場所を考慮する必要もでてきます。学校は転校した方がいいのか、実家の近くに住んだ方がいいのか、しっかりと考えて新居を見つけましょう。

まとめ

女性が離婚して一人で生活していくのは、相当な覚悟と労力が必要です。その時の感情の勢いで離婚して後になって苦労をしない為にも、十分な準備期間を設けて環境を整えてから離婚をするようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ