離婚後の親権はどうする?親権の中身を知ってほしい

夫と妻による話し合いや裁判で決められる離婚。子どもが居る夫婦は離婚条件、財産分与の他に大事なことがありますよね。それは子どもの親権問題。

離婚は大人の判断で下されるものです。自立できていない子どもは従うしかありません。それでも子どもにとって良い環境、良い精神状態を保って歩んで行ってほしいと思う両親。

そんな子どもの存在だからこそ親権というものは簡単に決められるものじゃないですよね。夫婦は他人でも子どもは血のつながった肉親です。今回は、この親権について説明します

そもそも親権ってなに?詳しく説明します!

親権とは子どもを監護、教育する。すなわち子どものため、精神的にも肉体的にも成長を図っていく権利、義務があるということです。

そして親権には身上監護権と財産管理権の2つがあります

    <身上監護権>

  • 子どもをどこに住まわせるか、生活させるか決める居住指定権
  • 監護や教育に必要だとする範囲内で子どもを叱ることができる懲戒権
  • 子どもが職業を営むことを許す職業許可権
    <財産管理権>

  • 子どもの財産を管理する
  • 財産で売買、贈与、賃貸借などについて法定代理人として法律行為を行う

親権者じゃないの?監護権者になる人とは

先ほど話しましたが親権とは身上監護権と財産管理権の2つによって成り立っています。ですが親権者の他に監護権者と呼ばれるものがあります

基本的には親権者が監護権を持つことになりますが、事情があり親権者が子どもを見ることが出来ないなどの理由により別々になるケースがあります。

例えば親権者は父親だが仕事の都合により、子どもと一緒に過ごせないなどの状況の場合に例外で父親が親権者で母親が監護権者として定めることができます。

この逆で母親が親権者で父親が監護権者の権利を持つこともあります。

親権者になるには?いくつかの条件がある

親権者は夫婦間の話し合いの中で決定されますが、合意できずに調停や裁判で親権者争いをするケースもあります。

その場合に、どのような点を考慮するのか参考にしてください。

    <親権者になるための条件>

  • 子どもに対する愛情
  • 経済力
  • 代わりに面倒を見てくれる人はいるか
  • 生活環境の変化による子どもに及ぶ影響の可能性
  • 子どもの年齢や性別、発育状況
  • 親の年齢や監護能力
  • 兄弟姉妹が分かれないか
  • 子どもの意思

などの事情を考慮し、総合的に判断されます。現実、母親が親権者になるケースが8割を占めています。

手続きってあるの?親権者が決まったらすること

これまで親権者について説明してきました。では次に、実際に親権者になるために手続きはあるのでしょうか?

夫婦間の話し合いで合意した場合

夫婦で親権者について話し合いが行われ、それに合意した場合は離婚届に親権者を記入する欄があります。そこに記入し、終了です。

夫婦間で合意が出来なかった場合

話し合いで合意できなかった場合は、調停や裁判になります。ここで最終的に裁判所がどちらが親権者になるのかを審判や判決といった形で決定します。
この時に先ほど説明した考慮される条件が大事になってきます。

後から変更可能できる?知っていてほしいこと

離婚をする当時は精神的にも不安定で親権者を相手に渡してしまったけれど、取り返したい!相手に恋人が出来て子どもが不憫だ!など様々な理由で親権者を変更したいと思う方もいるかもしれません。

このような場合、親権者の変更は出来るのでしょうか?残念ながら夫婦の話し合いでは変更はできません。親権者の変更はなかなか難しいのが現象です。

ですが、どうしても!という方に知ってほしいことがあります。

変更は親権者変更調停で?

話し合いでは変更はできないと説明しました。ですが、変更は親権者変更調停といった手続きで可能になります。

これは、離婚したときに決めた親権者を変更することを目的とした調停です。法律上、変更するためには家庭裁判所の調停、審判をしないといけないことになっています。

調停で話をして決まっても家庭裁判所調査官が判断するため調査をするので他の調停とは話が違います。

家庭裁判所調査官ってなに?

子どもにとって離婚はとてもショックが大きいです。そしてまた親権者を変更するとなると長期間に及ぶことになり、心の傷は深まるばかり。

それほど深刻な問題なので子どもの気持ちや環境に配慮していくことが必要不可欠になってきます。そこでこの家庭裁判所調査官が親や子どもと面会したり、家庭訪問、学校訪問をして現状の調査を行います。

親権者変更が認められるケースは?

親権者変更をするのは難しいと話しましたが、中には認めらるケースもあります。

    <認められる一例>

  • 恋愛やギャンブルに夢中になり、子どもを放置または育児放棄をしている
  • 親権者が亡くなり、変更することが子どもにとって良いとされるとき

などです。

親権者変更調停はどうしたらいい?申立ての方法

様々な理由を経て、いざ親権所変更調停を申し立てることになったけどどうしたらいいのか?流れについて説明します。

必要な書類は?

この申立てに必要になってくる書類がいくつかあります。

    <必要な書類>

  • 親権者変更調停申立書
  • 当事者目録
  • 申立人の戸籍謄本
  • 相手側の戸籍謄本

になります。親権者調停申立書当事者目録は裁判所のホームページからもダウンロードできますので活用してください。

申立てに必要な費用は?

次に必要な費用ですが、子ども一人につき収入印紙代1200円が必要になります。その他の手数料や切手代などは家庭裁判所によって異なりますので確認してください。

調停成立したら?

無事に成立したら、届け出が必要になりますので10日以内に親権者変更の届け出を各市町村の役場にしてください。

調停不成立になったら?

残念ながら不成立になってしまった場合は審判手続きに移行します。ここでは必要な審理が行われ結論が下されます。

まとめ

今回は親権について説明しました。離婚は当事者だけでなく子どもも深い傷を負うことを理解するとともに親権者といったものは責任がとても重いということも理解してください。

また、一度親権を渡してしまうと取り返すのは難しくなること、それに伴い子どもの気持ちも不安定にさせてしまうことを理解して悔いのない結論を出してください

あなたにとって幸せな人生を歩めるように願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ