不倫騒動で離婚?乙武洋匡さんの結婚と離婚について!

「五体不満足」という自らの障害についての本で一躍有名人となった乙武洋匡さん。

生まれつき両腕と両脚がないという障害を持ちながらも明るく前向きに生きるその姿に、多くの人々が障害者に抱いていたイメージを塗り替えました。

そんな乙武さんが、2016年に不倫報道で世間を騒がして離婚という結果に至りました。

彼の結婚、子供、不倫、離婚に至るまでの経緯はどのようなものだったのでしょうか。

奥さんとの出会いは?結婚までの経緯について

乙武さんと奥さんは、同じ早稲田大学の出身です。二人の出会いは、乙武さんが21歳、元奥さんが18歳の時でした。乙武さんは学生時代から、女性へ積極的に声をかけるタイプだったそうです。

元奥さんは乙武さんの後輩にあたり、二人の付き合いは3年半に及びました。乙武さんは当時から女性好きだったようですが、元奥さんが乙武さんの女性関係について知っていたのかどうかは不明です。

二人が付き合っている期間に、「五体不満足」がベストセラーとなり、彼女が大学卒業と同時に結婚へと至りました。

元奥さんはどんな人?二人の結婚生活について

結婚当初の二人はお互いのことを尊敬し合っていたようです。

元奥さんは、とても内向的な性格だったようで人前で話しをすることも苦手でした。一方の乙武さんは、社交的で話しをするのも得意で、外を飛び回って活躍されていました。

手足があっあっても家の中にこもって外に出たくない元奥さんと、手足がなくても自由に外へ出歩き働いてくれる乙武さんは良い関係を築けていたのでしょう。

離婚原因は不倫ではない?離婚の真相

乙武さんには5人の不倫関係があったという報道がマスコミをにぎわせました。

元奥さんが夫婦関係よりも3人の子供優先の生活になったことや、乙武さんがもともと女性好きだったことが不倫に至った理由です。不倫報道から半年後に離婚することになったのですが、離婚原因は乙武さんの不倫のせいではなかったようです。

不倫騒動によって自宅謹慎となった乙武さんとの生活が想像以上に大変だったのです。また、マスコミから3人の子供を守る為にも離婚を決意したそうです。

離婚後はどうしてるの?離婚後の乙武さんについて

離婚してからの乙武さんは、テレビのワイドショーに出演されたりもしてますが、ほとんど仕事がない状態で自宅で過ごされています。無職なので収入もなく貯金を崩して生活されています。

離婚してから3人の子供たちとは7か月以上会えていません。大学院の論文を書いたり、日本史の勉強をしたりして自宅で静かに暮らしているようです。

現在でも、マスコミにつけられているそうで、謹慎生活のような日々を送っています。

まとめ

乙武さんは、両腕・両脚がない障害を持ちながらも文筆家やタレントとして精力的に活躍されていましたが、不倫・離婚騒動後の現在は自宅で静かに暮らしています。

3人の子供とも会うことができず、仕事もなく無収入で生活は厳しい状態のようです。身体に障害を持ちながらも明るく前向きに自らの道を切り開いていった乙武さんなので、きっとまたいつか活躍されることだろうと期待しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ