ココリコ田中と小日向しえが離婚!結婚から離婚までの経緯とは?

素敵な仲の良いご夫婦だとばかり思っていたココリコ田中さんと小日向しえさんが、2017年5月に離婚を発表して世間をびっくりさせました。

そして、二人の息子の親権が父親である田中さん側にあるというのも珍しく驚きでした。

二人の結婚から離婚に至るまでの経緯はどのようなものだったのでしょうか。

二人の出会いは?結婚までの経緯

田中直樹さんと小日向しえさんの出会いの場は、フジテレビで人気のバラエティ番組「ココリコミラクルタイプ」です。

仕事で共演してお互いに好意を抱きはじめたのですが、ずっと手をつないだこともなければキスもしたことがないプラトニックな関係だったそうです。そしてプラトニックな関係が続いたのち、田中さんから突然プロポーズしたそうです。

付き合った期間が0日で結婚を決意されたのは、すごい情熱ですよね。

交際0か月婚は上手くいっていた?二人の結婚生活

交際期間0か月で2003年6月に、田中直樹さんと小日向しえさんは結婚されました。田中さんは、結婚後も順調にテレビのバラエティ番組の司会やドラマで活躍されていますよね。

小日向さんは結婚後「ココリコミラクルタイプ」を降板し、2013年には芸能事務所もやめてフリーで活動されています。大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」では、毎年、田中の嫁として出演されていました。

また、二人には子供もいました。は2004年6月に長男、2008年4月に次男が誕生しています。仕事も順調で子供もいて順風満帆なご家庭だと思っていた人は多いのではないでしょうか。

どうして離婚したの?離婚の原因

離婚の原因として言われているのは、小日向さんの浮気ですが、実際に決定的な浮気の証拠は現在は無いそうです。ただ言えるのは、二人の息子の親権が父親の田中さんにあることから、離婚の原因は小日向さん側にあるのではないかということです。

母親が二人の子供の親権を手放すケースは珍しいので、小日向さんに何等かの問題があると考えられているようです。結婚自体が交際0か月でお互いのことをよく知らないままに始まった結婚だったので、少しずつ性格の不一致が我慢できなくなっていったのかもしれませんね。

まとめ

ココリコ田中さんと小日向しえさんは、2003年に交際0か月で結婚し、2017年の5月に離婚に至りました。田中さんと小日向さんの二人の息子の親権は、田中さんが持つおとになりました。

離婚原因は今のところまだ明らかにはされていませんが、小日向さんの浮気が原因ではないかと報道されています。田中さんには、二人の息子を育てながらも、これまで以上にテレビで活躍してほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ