生活費をくれない旦那と離婚しました 女性 27歳 K.K.さん

私は、1年の同棲生活を経て付き合って1年半で結婚しました。そして、結婚して、2年目には子供が産まれました。

しかし、私はたった3年半という短い結婚生活で離婚しました。結婚した時はまさか自分がこんなに早く離婚するとは思ってもいませんでした。

同棲からの結婚

私達は結婚前に約1年程、同棲していました。その時は、まだ彼氏彼女ということで、お財布は別々に管理していました。そして、生活費は、家賃と、食費が私、光熱費が旦那ということで払っていました。

私の負担額のほうが多いと思っていたのですが、外にデートに言った時等は、デート代や食事代を出してくれるので、いいかなと思っていました。

結婚してからも、何も問題がなかったので、同棲していた時のまま、この状態を続けていました。

妊娠、退職後、事態は変わった

結婚して、1年程たったころ、妊娠していることが分かりました。私も旦那もとても喜びました。

私の仕事は、夜勤や早出なのど仕事がありました。産休も取得できたのですが、旦那も夜勤などがある仕事だったので、出産後今の職場を続けることは難しいと思い、夫婦で話し合った結果、私は妊娠8ヶ月まで働いて、仕事を退職することにしました。

そして、子育てが落ち着いたらまた夜勤などのないところで働くということになりました。しかし、私達はお金のことをよく話し合っていませんでした。

私は退職して、無収入になります。なので、今まで私が払っていた家賃や食費、その他私の保険料等、旦那が払ってくれるものだと思っていました。

しかし、旦那はお金に関しては今まで通りで問題ないと言って払ってくれませんでした。無収入なのに、また私が働きにでるまで、私がどうやって生活費を捻出するのかと問いただすと、「今までの私の貯金で、また働きだすまで何とかなるだろう」と言われました。

旦那は趣味や、会社のつきあいでの飲み会などがあるので、今以上には生活費は出せないと言われてしまいました。

離婚を決意しました

子供が産まれれば、何か変わるかもしれないと思いましたが、何も変わりません出した。オムツ代など、子供にかかるお金も貰う事は出来ず、私の出費が増えました。こんなんでは、私の貯金が底をついていまうと思いました。

光熱費しか生活費を払ってくれない旦那なんていなくても問題ないし、逆にいたら、私の払っている食費が上がって迷惑だと思うようになりました。家事、子育ても協力してくれないので、旦那といてもメリットはないと思い、離婚を決意しました。

しかし、私は生まれたての赤ちゃんを抱えて無職の状態でしたので、まずは、子供を預けられる保育園を探しました。

それから、就職先を探しました。子供と2人暮らしていくアパートを見つけました。私は、国家資格を持っていたので、仕事はすぐに見つけることができました。

そして、離婚の準備が整ってから、旦那に離婚届けを差し出しました。もうゴタゴタ揉めたりしたくなかったので、「慰謝料などはいらない」と言うと、旦那はあっさりと承諾してくれました。

離婚後の生活

離婚後は子供を一人で育てる大変さはありますが、私にとってはメリットが多いです。

まず、光熱費しか払わない旦那の世話をしなくてよくなったことです。それから、旦那と住んでいた所より、家賃が安い所に引っ越したこと、旦那の分の食費がいらないということで、生活費が以前より、安く抑えられるようになりました。

私1人の収入でも、子供と2人少しずつではありますが、貯金をしながら生活ができています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ