財産分与には全てが対象じゃない?知っておきたいこと!

様々な理由でやむを得なく離婚をしてしまう夫婦が3組に1組とされている現代。離婚が多くなっているからこそ知っておきたい事もたくさんあります。

自分は絶対に離婚なんてしないと思っていても、いつなにがあるかわかりません。そして今この時に離婚を選択している方や何から手を付けたらよいのか分からない人。

そんな人に向けて今回は離婚時の財産分与について詳しく解説します。必ず知っておいて損はしない財産分与を是非、知ってください。

そもそも財産分与とは?分かりやすく解説。

財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で築き上げてきた財産を離婚時に分割して清算することを呼びます。この財産分与ですが、大きく分けて3つの種類があります。

    <財産分与における3つの種類>

  • 清算的財産分与
  • 扶養的財産分与
  • 慰謝料的財産分与

清算的財産分与とは?

婚姻期間中に夫婦で築き合上げてきた財産の清算のことです。二人の財産を二人で分けよう、夫婦の共有財産として分けるというものです。

扶養的財産分与とは?

離婚により、生活が困窮する元配偶者に対して生活を補助するといった扶養目的により、財産が分与されます。経済的に強い立場の方が弱い立場を扶養します。

一般的には一定額を定期的に支払う方法になります。

慰謝料的財産分与とは?

傷つけたことに対する慰謝料。本来、慰謝料と財産分与の請求は別々になりますが、どちらも金銭の問題のため区別を明確にせず、まとめて財産分与として支払いをすることがあります。

財産分与の対象とは?対象外もあるんです。

本来、婚姻期間中に夫婦で築き上げてきた財産を分割して清算するのが基本です。ですが、婚姻前に所有していた財産や、婚姻中に親からの相続、贈与によって増えた財産は対象外になります。

この対象になる財産と対象外の財産は法律上で3つに分類されます。次はこの3つについて解説します。

共有財産?分類1

夫婦の共有名義になっている財産や、共同購入したものは対象になります。

実質的財産分与?分類2

夫名義の財産でも、それに妻が貢献していたとなれば実質的に夫婦の共有財産となるので対象になります。

特有財産?分類3

婚姻前に所有していた財産や、婚姻中に親から相続した財産や贈与されたものは共有財産とみなされないため対象外になります。

財産分与について掘り下げよう!どこまで請求できる?

婚姻中には保険や退職金、年金など様々な問題があります。そこで財産分与の際にどうなるのか1つ1つ掘り下げて解説しますので参考にしてください。

生命保険はどうなるの?

生命保険自体は財産分与の対象になります。満期が来て支払われた保険金は受取人が誰であれ対象になります。

しかし、満期がまだ先で契約中の場合の多くは、解約をして解約返戻金を財産分与の対象にしている人が多く居ます。

退職金はどうなるの?

既に退職金を貰っている、もしくは何年後かに退職金を貰える場合の多くは財産分与の対象になります。しかし、退職金を貰えるまでに何年あるか。

また、会社の経営状況などによって不確定な要素が多い場合は財産分与の対象となるのが難しいケースもあります。

借金はどうなるの?

婚姻中の生活費などによって抱えた借金。借金をしていることを知らなかったとしても財産分与の対象となります。しかし、ギャンブルなどで一方的に負った借金は保証人になっていなければ対象になりません。

財産分与の受け取り方は?支払方法も合わせて解説

財産分与の取り決めが無事に終わり、後は支払方法と受け取り方法を決めます。公正証書に残しておいていても、どこか不安ですよね。

できるだけ迅速に受け取りや支払いを完了する方を、お勧めします。では解説します。

支払方法を解説!

一括支払い、分割、変動分割があります。一括支払いとは言葉通り一括で支払うケース。これは、あくまで残高がある場合に選択できるものですが残高がない場合は分割になります。

月々いくら支払っていくか双方で話し合い、同意しなければいけません。変動分割とは、月々の支払いの他にボーナス時にはプラスいくら支払うなど変動する支払方法です。

受け取り方は?

双方で話し合い、受け取り方法も決めなければいけません。口座振り込みなのか、分割時に手渡しなのかキッチリと決めておきましょう。

財産分与についての取り決め方は?段階を紹介します!

財産分与については理解できましたが、次はその取り決め方です。話し合いで決着できれば良いですが、それが無理なら調停へ。その後は裁判までに発展するケースもあります。

話し合いで決める!

まずは話し合いで決めましょう。ですが、合意しなかった場合や別居中で話し合えない場合もあります。そんな時は、まずメールやラインで連絡を取って見ましょう。

必ず財産分与の話し合いをしたい、請求金額の旨を伝えて証拠が残るようにしましょう。それでも無理なら内容証明郵便を送付しましょう。

内容証明郵便とは郵便局が書面の内容を証明してくれるので、証拠にもなります。

話し合いが無理なら調停へ!

話し合いに応じない、または話し合いが出来ない場合は調停へと進みます。離婚調停時に一緒に財産分与の取り決めを一緒に行っても良いですし、離婚とは別に財産分与請求調停を申し立てても良いです。

調停の場合は必要な書類や費用も掛かりますので近くの家庭裁判所に問い合わせてください。

それでも無理なら裁判へ!

話し合いも調停も無理な場合は裁判に進みます。そこで離婚の問題と財産分与の問題の解決を目指します。

まとめ

どうでしたか?今回は離婚時の財産分与について解説しましたが、一言で財産分与と言っても対象になるものから対象外の物までありました。

また、取り決め方も話し合いから調停、裁判までのステップがあり、かなりの労力を使うことも考えられますよね。ですが、覚悟を決めて離婚を選択したように、

財産分与の請求も覚悟を決めて長期に及ぶことも視野に入れながら取り組んでいきましょう。まずは、知識が必要になりますので自分なりに調べたり、問い合わせをしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ