結婚後に変わった!旦那の不倫で我慢の限界を超え離婚に 女性 28歳 S.T.さん

結婚前は、誠実で真面目な印象がありました。お付き合いした2年間、一切浮気をする様子もありませんでしたし、男友達と遊びに行くことも少なかったです。

お酒もそんなに得意ではないので、会社の飲み会に行ってもすぐに帰ってきてしまうような人だったので、安心して結婚を決めることができました。

結婚後に変わった夫

結婚後にすぐに態度は変わっていきました。お付き合いの段階で同棲することが無かったので、気がつかなかったと言えばそれまでなのですが、脱いだものは片づけない、食べたものは1週間は放置、基本的にソファーから動かないという人でした。お付き合いしているときは、私が来るときだけ片づけていたようです。

私も働いていたので、家事を少しでも手伝ってくれるように再三お願いしましたが、無駄でした。「うるさい!」と怒鳴られることが多くなり、お互いストレスが溜まっていきました。

以前はこんなに声を荒げる人だとは思わなかったのでショックでしたし、会話がほとんど無くなりました。

離婚を決めたとき

会話があまり無い状態で2年が経ち、何とかこのまま我慢してやっていかなければと思っていた矢先に、旦那の不倫が発覚しました。相手は友人ではないのですが、私も面識がある人でした。

夫はバレた時も、悪びれる様子はありませんでした。「ただの浮気だから気にするな。そんなことぐらいで騒ぐな。みっともない」と言われました。

こういった価値観の人なのだとはっきり知ることができ、またこの人と一生居るのは耐えられないと思いました。

離婚に向けての準備

まず不倫の証拠をしっかりと手元に残そうと考えました。メールや着信履歴を消していない夫だったので、お風呂に入っている間に、その画面を写真に撮りました。

そして、2人分の食事をしたレシートや女性用のプレゼントを買ったと思われるカードの明細も取っておきました。

また、離婚でまとまったお金が必要になると思ったので、お金を貯められるように節約しました。このぐらいしかできない自分が悔しくなりました。味方を増やすしかないと思ったので、自分の両親には先に話して、協力してもらえるようにしました。

離婚で大変だったこと

まず夫の両親に離婚したいことを話したときが大変でした。それなりに付き合いはあり、仲良くしていたので、離婚を踏みとどまるように説得されました。

「浮気ぐらい許してあげて」と言われました。むしろそれはキッカケに過ぎないのですが、いちいち息子さんの悪口のようなことを細かく言うのはどうかと思い、あまり納得さえることができませんでした。

いきなり離婚するわけにはいかないので、各方面の人に「離婚を考えています」と挨拶しにいくことが大変でした。同情されたりすることもありますが、自分は良い方向に向くと信じて頑張りました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ