離婚してなお輝く宮沢りえさん!結婚までの経緯と離婚について!

宮沢りえさんと言えば、最近、V6の森田剛さんとの熱愛報道がスクープされて世間を驚かせましたよね。

女優としても確固たる地位を築きあげ、プライベートも充実されている宮沢りえさん。

そんな彼女には、離婚歴があり、一人娘がいるのもご存じでしょうか。彼女の結婚や離婚に至る経緯とはどのようなものなのでしょう。

宮沢りえさんはできちゃった婚!結婚の経緯

宮沢りえさんの結婚のお相手は、元プロサーファーで大手サングラスメーカーの責任者の一般男性だったそうです。

二人の出会いは、りえさんがCMでハワイに訪れた時に、現地のコーディネーターとして彼女をお世話したことが始まりでした。2009年2月14日に結婚を発表、同年6月に婚姻届を出して夫婦となりました。

結婚発表当時にすでに妊娠6ケ月だったので、出来ちゃった婚だったと言えます。そして2009年5月20日に長女を出産されました。結婚した旦那はハワイが仕事の拠点であり、宮沢りえさんは日本で活躍されていたので、結婚生活を長い時間過ごすことは難しかったようです。

どうして離婚したの?離婚について

2009年に結婚後、2012年には協議離婚が始まり、2016年に離婚が成立しました。ハワイと日本とのすれ違いの生活を続けるうちに二人の関係に溝ができてしまったのが原因のようです。

協議離婚に4年も掛かってしまうとはかなりこじれていたようですが、その原因は親権争いにあったようです。結婚する前から、貴乃花大関、市川海老蔵、市川右近、中田英寿さんなどそうそうたる男性とスキャンダルが絶えなかった宮沢りえさん。一般男性との結婚生活には違和感を感じたのかもしれませんね。

離婚後はどうしてるの?離婚後の生活

2016年10月に、宮沢りえさんは森田剛さんと熱愛報道されました。自宅デートや沖縄旅行など、堂々と交際を続けておられるようです。

仕事でも、今、ノリに乗ってる女優さんです。離婚後も、公私ともに精力的に活躍されている宮沢りえさん。年下のジャニーズの森田剛さんとの恋愛の行方も、彼女の今後の仕事での活躍も、目が離すことができませんね。

まとめ

宮沢りえさんは、2009年にハワイ在住の元プロサーファーでサングラスメーカーの責任者の一般男性と結婚されました。結婚発表当時、妊娠6か月のできちゃった婚です。日本とハワイとのすれ違いの日々が原因となり離婚に至ります。

4年もに及ぶ協議離婚は、一人娘の親権を争っていたようです。親権は宮沢りえさんのものとなり、彼女は娘とともに日本で暮らしています。

現在は、V6の森田剛さんとお付き合いされていて、仕事も私生活も順調のようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ