満島ひかりさんに離婚歴があった!離婚の経緯と原因とは?

満島ひかりさんといえば、ドラマ「カルテット」のすずめちゃん役で独特なキャラクターを見事に演じきっていた実力派若手女優さんですよね。

彼女は、2015年には週刊現代が発表した「本当にうまい役者」ランキングの女優部門で一位を獲得している獲得しています。

そんな才能ある役者の満島ひかりさんですが、実は、離婚を経験されているのはご存じでしょうか。彼女の離婚についての経緯はどのようなものでしょう。

映画監督との結婚!結婚に至るまで

満島ひかりさんの元旦那さんは、石井裕也さんという映画監督です。石井裕也さんが監督された映画「川の底からこんにちは」に満島ひかりが出演したことが出会いの始まりになります。

2010年に発表されたこの映画で、満島ひかりさんは、ヨコハマ映画祭主演女優賞やエランドール賞新人賞を受賞していてます。映画出演をきっかけに二人の交際は始まり、交際期間1年を経て結婚に至ることになりました。

どうして離婚したの?二人の離婚原因

2010年10月25日に二人は結婚しましたが、結婚生活は2016年1月に幕を閉じました。わずか6年間の結婚生活となり、二人の間には子供もいませんでした。満島ひかりさんが女優として仕事が忙しくなったのは、石井裕也監督の映画に主演して数々の賞を受賞してからのことです。

ちょうど女優としての仕事が波に乗り、子供を作ることよりも仕事に専念したかったのだろうと思われます。子供のいない結婚生活で、満島ひかりさんは女優の仕事に夢中になる中、価値観の違いで口論も増えすれ違っていったそうです。

離婚後はどうしてるの?その後の活躍

離婚後も変わらず、満島ひかりさんは女優として精力的に活動を続けておられます。仕事だけでなくプライベートも充実しているようで、俳優の永山絢斗さんとの2016年5月頃に交際をスクープされています。

双方の所属事務所も二人の交際を認めているそうで、2016年1月の離婚からわずか4か月後にはもう新しい恋人がいるなんて芸能人らしいですよね。永山絢斗さんと言えば、兄が俳優の瑛太さん、兄嫁が木村カエラさんですよね。

満島ひかりさんの弟も俳優の満島真之介さんですし、結婚すれば芸能人だらけでなんて華やかなファミリーになることでしょう。

まとめ

満島ひかりさんは、2010年に映画監督の石井裕也さんと映画出演をきっかけに1年の交際期間を経て結婚されました。

その頃から、満島ひかりさんの女優としての人気が出てき始め、子供を作るよりも女優の仕事に専念していたかったようです。子供のいない夫婦生活で、価値観の違いから口論も増えすれ違うようになり、結婚生活6年間でピリオドとなりました。

離婚してからわずか4か月後には、俳優の永山絢斗さんとの交際が発覚し、公私ともに充実していた生活を送っているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ