精神的苦痛による慰謝料請求!離婚理由による相場とは?!

色々な家庭があるように、同じ人間がいないように離婚理由にはそれぞれ違う理由があります。その中で条件を付ける場合も多くあります。

それは子どもがいる場合には養育費や面会、その他には慰謝料や財産分与がありますが今回は慰謝料について解説していきます。慰謝料と聞くと難しそうなイメージがありますが知っておくことで損はしないので是非知ってください。

離婚から慰謝料まで、また慰謝料の相場にも触れていきます。もしも離婚を考えている人がいましたら参考にしてみてください。

まずは離婚の基本!4つの種類から

離婚といっても4つの種類があるのを知っていますか?実は知らない人も多い4つの離婚について解説しますのでご覧ください。

1つ目!協議離婚

協議離婚は、お互いが離婚や条件について話し合い、合意して離婚届に記入して提出し、離婚成立。これが協議離婚と呼ばれる一般的に8割の夫婦が選択してる離婚の種類になります。

2つ目!調停離婚

調停離婚は、協議離婚で合意できずに離婚が成立しない場合に家庭裁判所に申立てを行い調停で離婚を成立されるものになります。これは、お互いが顔を合わせないように配慮してくれています。

3つ目!審判離婚

審判離婚は、調停でも離婚成立しなかった場合に用いられるものになります。審判離婚という言葉は聞きなれない人が多いですが、実はデメリットがあって、審判に対して不服があった場合に控訴できます。

2週間以内という期間が設けられていますが、控訴することで離婚が覆されてしまう恐れがあります。そのために審判離婚を選択する人が少ないのです。

4つ目!裁判離婚

最後は裁判離婚になります。これは調停離婚を一度踏んでいないと出来ないという条件がありますが、裁判官が双方の代わりに判断を下して離婚するかしないかを決めます。

その時に離婚条件も一緒に裁判しますので、その条件を破った時には罰が与えられます。そのため、安心感もあります。

離婚条件の1つ!慰謝料の本質は?!

慰謝料という言葉は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われるお金になります。ですが、実際には慰謝料の金額には明確な基準はなく、ケースバイケースで決まります。

離婚の原因は?第五位までのランキング!

離婚理由は様々で家庭も様々ですが、その理由は共通しているものです。実際の離婚理由をランキング形式にまとめましたのでご覧ください。

    <離婚理由のベスト5を紹介!>

  • 第1位!性格の不一致
  • 第2位!精神的虐待
  • 第3位!異性関係
  • 第4位!肉体的虐待
  • 第5位!セックスレス

第5位までを紹介しました。では、この理由の中に慰謝料請求できるものあるのでしょうか?次は慰謝料を請求できるケースについて解説します。

慰謝料を請求できるものは?!ケース別に紹介します

慰謝料は相手からの精神的苦痛を受けた場合に請求できるお金の事ですが、もらえる場合ともらえない場合があります。慰謝料請求できるものをケース別に紹介します。

不倫した場合

相手が不倫をした場合ですが、これは不貞行為になりますので慰謝料請求が出来ます。

肉体的や精神的虐待を受けた場合

このような行為があった場合には慰謝料請求が出来ます。例えば、暴力を受けた、罵倒を浴びせられた、侮辱されたなどがあたります。

悪意を持ってわざとに

これは相手が困るとわかっているのに、わざとにそのままにしておくことです。例えば生活費を渡さなかったり、不倫相手と一緒に住んで家族と同居しないなどがあたります。

そのような場合に慰謝料請求が出来ます。夫婦は経済的にも家計をともにしてお互いに助け合う義務がありますが、これはそれに反する行為になります。

その他の結婚生活を継続できない理由

ケースにもよりますが、慰謝料の請求が認められる場合があります。それは、セックスを拒否し続けたり、姑問題に夫が努力をしてくれなかったなどの理由が認められるケースの一部になります。

ケース別に違う?慰謝料相場について!

先ほども書きましたが、慰謝料には金額の基準はなくケースバイケースで決まります。それは離婚までの経緯に夫婦ごとに違うからです。そして金額は夫婦のみで解決できれば金額は自由に選択できます。

ですが、実際に裁判例を参考にした相場があります。それは、夫婦の事柄にも関係して増減しています。それではケース別の相場を紹介します。

不倫した場合

不倫による不貞行為をした場合の慰謝料の相場は100万から500万円です。この金額の開きには、不貞行為の回数や配偶者のダメージ、経緯などを考慮しての開きになっています。

肉体的や精神的な虐待を受けた場合

この場合の慰謝料の相場は50万~500万円です。この金額の開きには、暴力の状態や経緯、それによる障害や後遺症などによって増減されます。

悪意を持ってわざとに

この場合の慰謝料の相場は50~300万円です。基準額を100万円として、事情や詳しい内容を検討して金額が決められます。

その他の場合

セックスレスの慰謝料の相場は100~300万円です。これにも事情や経緯を考慮して金額の増減がされます。

まとめ

今回は離婚による慰謝料の相場について解説しました。慰謝料といっても、それは色々な精神的苦痛があります。夫婦というのは、お互いに支え合い生活を共にして助け合っていくものです。

その関係が、いつしか破綻してしまい一緒に生活していくことに苦痛を感じてしまったのならば、それは本当に悲しいことです。それによる精神的苦痛も計り知れません。

慰謝料を貰ったからといって苦痛が無くなるわけではありませんが受けたダメージの償いとして支払われるお金ですから、もらえるのであれば貰いましょう。

相場を見たように、事情や事柄を考慮して金額が決められます。ですが、それはあくまでも相場ですので大体の金額を頭に入れておいてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ