離婚にあたって考えるべきこと!新しい職への転職について

離婚後の生活、これは男性よりも「専業主婦」または「パートタイマー」として短時間だけ社会復帰していた女性にとって重要な問題になります。収入の安定が最優先となるからです。

自分一人だけなら何とでもなりますが、子供がいる場合はそうはいきません。子供の時間、食事、学費など考えるべき事が山積みだからです。気を引き締めるべきは離婚した後と言っても良いでしょう。

今回はそんな離婚後の生活にあたって考えるべきこと「新しい職への転職」について紹介をしていきます。これは離婚前から検討すべき項目となります。

ひとり親が考えるべき点!新生活にあった転職

離婚をして子供を引き取った場合、新たにひとり親としての生活が始まります。これから仕事を探さなくてはならない、今の仕事はとても続けていけない、いずれの理由にしても新しい生活にあわせた新しい仕事を探す必要が出てきます。

生活環境がガラリと変わる

ひとり親になると「生活環境」が全く新しいものへと変わります。今までの生活の概念やリズムは捨てた方が良いくらいの変化です。今までのやり方で乗り切ろうとしてもまず挫折します。新しい生活には新しい生活スタイルを作る必要が出てくるのです。

子供優先だと転職が必要に

夫婦が揃っている状況だと仕事と子育ての両立は比較的簡単です。幼稚園でも対応できますし習い事をさせる余裕もあります。ですが1人となるとそうはいきません。子供の最低限の世話と仕事ですら両立する事が難しくなるのです。

強いのは「資格」仕事!希少性の高さで融通を!

子供との生活と収入の確保。これは離婚後の子供を引き取った親全員が背負う至上命題です。これを実現する転職は「希少性の高い仕事」です。つまり「資格」を活用した仕事です。「誰でもできる訳では無い」仕事をする事で時間に融通をききやすくするのが最適です。

資格系の仕事はとても強い

国家資格系の仕事はとにかく「手堅い」のが特徴です。求人等の情報も豊富で専門性の高くない仕事の場合であっても国家資格を持っている場合はそれだけで待遇が高くなったりすることも多々あります。「持っているだけでメリットとなる」のが国家資格の特徴と言えるでしょう。

単価も高く融通が利きやすい

国家資格系の仕事の特徴は「単価が高い」という事と「専門職ゆえに融通が利きやすい」という事です。希少性の高い仕事の為に役職が与えられる事も多く、職責を果たす限りの自由も認められやすいのです。一般的に有利とされる国家資格職は以下の通りです。

    <離婚後の転職で有利な職>

  • 社会福祉士
  • 社労士
  • 行政書士
  • 看護師

このように様々な国家資格職があります。それぞれ取得難易度や年数、費用等はバラバラですが、就職に有利に働く事は共通です。そこで今回はその中から幾つかピックアップして紹介していきます。

ひとり親に有利な仕事!社会福祉士

最近特に注目を集めている職種が社会福祉士です。ソーシャルワーカーという呼び方で広く認知されていましたが、最近は社会福祉士という呼び方が定着してきました。現代社会は精神的な問題を抱える人のケアが重要視されている為、今後必要とされる職種です。

福祉関係の仕事は固い

社会福祉士は非常に業務範囲の広い国家資格です。コーディネータから相談要員、カウンセリングなど多岐に渡ります。その為就職先も非常に幅広く常に何処かで募集が掛かっているといえるでしょう。

高単価が魅力!社保業務等の社会労務士

在宅で仕事をして、なおかつ高収入を確保したいという場合には社会労務士の資格が有利に働きます。社労士の事務所に勤めるもよし、営業力に自信があるなら自身で独立をするもよしと選択肢も広いです。基本は書類業務の為にイレギュラーな案件が生まれる事が少ない点もメリットです。

仕事も定形なので融通が利く

社労士の仕事は基本的に保険業務の書類作成です。社会保険関係の書類が中心となります。その為、量の問題はあれど仕事の内容は常に一定の為に仕事の目途を立てやすくなります。その為、申告の時期でない限りは基本的に定時で業務を上がれる傾向にある仕事です。

ひとり親の女性に人気!小児科等の看護師

離婚後の転職としては女性に最も人気があるのが看護師です。一時は医療事務が人気の職種となっていたのですが、収入面の厚さから最近は看護師の方に人気が集まっています。実際、離婚後に看護学校に入学をする親も多いです。

求人は常に溢れている

看護師の強みは求人の数にあります。社会全体で看護師不足が問題となっており、常に様々な病院で看護師の募集が行われています。最近は病院以外にも福祉施設、介護施設、保育園、小学校などその勤務先も幅広くなっています。

個人病院なら夜勤もない

看護師は夜勤がある。それが離婚後の転職先として看護師が一時敬遠されていた理由ですが、それはあくまで総合病院の話です。個人病院に勤める場合は完全に定時上がりの仕事となるので生活リズムを整えやすい仕事と言えます。

シングルでサラリーマンは厳しい!転職も選択肢!

以上、離婚にあたって考えるべき転職についての紹介をしました。今回の記事は主に女性を前提にしたものとなっていますが、これは男性にとっても同じ事になります。子供を引き取った場合は今まで通りの生活は厳しくなります。

男性がフルタイムの仕事を継続しつつ、子育てを行うのはまず無理です。その為勤め続けるには勤務先との事前の調整が必須となります。それができずに退職を選ぶ男性は非常に多い。でもそれが現実なのです。

1つだけ言えるのは「今まで通り」は通用しないという事。新しい生活にあわせた新しい働き方、生き方を模索する事を離婚は求めてきます。離婚は沢山のものを大きく変えてしまうのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ