旦那がギャンブルで借金を作った!2度としない約束も破られ離婚に 女性 38歳 K.I.さん

結婚当初は、何かものを買うたびに確認作業をするほど、常に会話をしていたいという気持ちでいっぱいの夫婦でした。

しかし、月日が経つにつれて毎月の給与で貯金をすることができないほどギリギリの生活が続きました。

ただ、夫婦で苦しい経済状況にもかかわらず月に一回の外食など決まりごとは決めて毎日を楽しく過ごすようにしていましたが、結婚をして8年目に旦那の金銭感覚でトラブルとなり、離婚へ踏み切る大きな出来事へと発展しました。

離婚を決めた理由

旦那との月々の生活費は旦那から毎月8万円をもらって2人の分の生活費や食費などにあてていました。実際に旦那がいくら稼いでいるかということはわからない状況でしたが、おおよその給与くらいは見当がつくほどと思っていました。

しかし、実際はカツカツで生活している私の傍で、休日にこっそりとパチンコや競馬などギャンブルをして気づけば大きな借金をしており愛想がつきました

離婚を切り出すのはスピード勝負

離婚は頭を冷やせば乗り越えられる出来事や試練と思っていました。しかし、相手を1度目は許しましたが、その分条件を出して二度とギャンブルをしないように伝えました。

ただ約束は破られてしまい、その場の気持ちの高ぶりと怒りからすぐに離婚を言い渡しました。旦那から2回も裏切られたことは非常にショックなことで女の勘で「また繰り返される」と思った時は、気づけば離婚を告げていました。

借金の取り立てが私にも

離婚で大変なことは旦那が作った借金の返済です。私が作ったわけではないのですが、長らく夫婦として一緒に過ごしていたいので私の知っている友人にまでお金を借りており、旦那に返済能力がないということがわかると、私の携帯電話に取り立ての電話がくるようになりました。

離婚を進めているという話をしても借りた事実は変えられないのでと、私の言い分も通らない状況が何件もありました。

離婚後の生活

旦那のつくった借金で私の人生は大きな転換期を迎えました。その後、元旦那と話し合いを弁護士立会いのもと行いました。返済金額については旦那が全て責任をもつということで決着も付きました。

しかし、私の男性を見る目がなかったということが非常に自信を失うことにつながりました。今後はお付き合いをすることがないようにしようと、今はひとりで暮らして生計を立てている状況です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ