本当は浮気だった!夫は仕事で忙しいと嘘をつかれ朝帰りの毎日 女性 22歳 S.A.さん

私が結婚を決意したのは、家を出たかったという理由でした。そんな簡単な理由から結婚したためか、やはり失敗に終ってしまったなぁと思います。

相手をちゃんと見れてなかったのだと思います。それにできちゃった結婚ということも離婚の原因のひとつとなりました。

若気の至りとはこういうこと

好きな人が出来て、結婚してという流れは、女の子なら憧れるものですよね。

その間の恋愛期間も大切な結婚へのステップだったのに、自分の場合は、そのステップを踏まないまま、嬉しい気持ちでいっぱいで彼と沢山の時間を過ごす前に子どもができてしまいました。

でも、愛する旦那様とめぐり合えたと思っていたので、できちゃった結婚と思われても別に平気でした。むしろ、「赤ちゃんが生まれてくるんだ」という嬉しさでとても毎日がハイな気分だったので、楽しい結婚生活のスタ-トでした。

夫がなかなか帰ってこない

夫は飲食業の仕事だったので、仕事の勤務によって朝の仕事だったり深夜の仕事だったりでなかなか一緒に居れる時間が少ないという事に、結婚してから気づきました。

もし、子どもがお腹にいなかったらそんなに気にならなかったかもしれません。しかし、妊婦だったため、日に日に不安な気持ちが高まり、夫との口げんかが絶えなくなりました

そして、一人で家にいるのが辛く、実家で日中過ごすことが多くなり、夫となかなか顔を見合すこともままならない生活になって行きました。

親から離婚をすすめられる

このままの生活が続いても、夫婦としてやっていけるのかと親に何度も何度も離婚を勧められました。日に日に不安感と、やはり離婚したほうがいいのかとも思えてきてどうでも良くなってきていました。

出産後も、夫は相変わらず朝帰りは当たり前で、帰ってきても部屋に一人でこもってしまうようになりました。子どもが泣きわめいてうるさいからという理由でした。

できちゃった結婚だったというところから、夫の父親への気持ちもないまま軽はずみにこうなってしまったと、やっとこの時に気づき、後悔の山でした。

最後には浮気をされる

子どもが生まれても、別々行動をしていたのですが、飲食業の店長をしていたので勤務上は仕方ないとも思っていました。まさか、その勤務の時間がウソだとは思いませんでした。

あまりにも勤務が激務なので、怪しいと思い、探偵を雇って調べてもらったらなんと職場の社員と不倫をしていました。

この事実が決定打となり、証拠もあるのでこれを気に綺麗に離婚しました。養育費はきちんと払うということをしっかり約束させ、慰謝料は少ない金額でしたが払ってもらって、離婚にいたりました。

離婚に一番大変だったのは、相手の両親が納得しなかったので、その説得でした。

また、離婚してよかったことはなにより、相手を信用できない人から離れることで気持ちが開放的になり本当の自分に戻れたことでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ