歳の差婚で話も価値観も全く違い離婚に! 女性 24歳 K.M.さん

一回り以上年齢が違う男性とお付き合いし成人式を終えた直後に結婚しました。

ずっと求婚されており、愛しているというよりは彼の深い愛情と猛プッシュに押されて、それだけ愛してくれる人と結婚したらきっと幸せになれると思い結婚を決意しました。

結婚当初

結婚当初は本当に楽しく生活していました。経済力がある人だったので、結婚後すぐに一軒家を購入しました。

年齢が離れているので、わがままは何でも受け入れてくれる人で、料理や掃除がおろそかになっても文句ひとつ言わない人でした。

しかし、結婚後数か月たつと、料理ができないことに愚痴を言うようになったり、掃除や洗濯などの家事が行き届かないことに文句を言うようになりました。

主人の母は専業主婦でなんでもこなしていたとよく主人の母を引き合いに出して嫌味を言われるようになりました。

私は家事が女性の仕事だとは思っておらず、共同で生活している以上家事は分担して行うべきだという考えでした。

また、結婚後も独身時代と同じ仕事を続けていたので、家事をすべて片方に任せるのは平等ではないという意識がいつもありました

さらに主人は年齢差もあり自分から見たらかなり古い考えを持っていて理解できないことがたくさんありました。

なぜ離婚をしようと思ったきっかけ

いろいろ深い話をしていると、どうしても年齢格差から意見がまとまらないことが多くあり、理解できないことがたくさんあったからです。

当時、私の両親はまだ40代。周りの友人にはまだ学生もいたし、クラブで遊びまわっている友人も多い中、老後の貯蓄の話や、主人の両親の老後の面倒をどうするのかと問われても全く理解できずにいました。

他にも、少しずつ感覚のずれや価値観のずれ世代間格差などの問題が大きくなり、これ以上ついてはいけないと思い離婚を決意しました。

離婚を切り出す前の準備

子供もおらずまた若いこともあり、ほとんど何も考えず準備もせず離婚しました。

事前に両親に相談したところ、口ではもう少し頑張るように説得されましたが、なんとなく嬉しそうにしていたように感じたので、すぐに離婚を決意しました。

結婚後はすぐに実家に帰りました。とくに大きく結婚式や披露宴をしたわけではなく、年齢も若かったことから近所の人もまさか出戻りだと思う人は誰もおらず、肩身の狭い思いをすることはありませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ