夫が勝手に脱サラ!妻の事を考えない主人に見切りをつけて離婚へ

性別 女性
イニシャル W.Y.さん
結婚した時の年齢 30歳
結婚した時の相手の年齢 41歳
結婚期間 3年
子ども なし

愛し合って結ばれたはずの二人でも、結婚をして実際に生活を一緒に送ってみるうちに、だんだんとお互いの嫌なところが目につくようになることもあります。

そのうちに理想と現実のあまりの違いに耐え切れなくなった二人は、最悪の場合離婚へと踏み切ってしまうケースが最近では非常に多くなっているようです。

ただでさえストレスを抱えるわれわれ現代人にとって、離婚問題は大きな社会問題の一つと言えるかもしれません。

結婚当初は夫婦仲はどんな風だったのか

主人とはお見合い結婚でしたので、親戚中の手前もあった主人は私にとても優しく接してくれていました。

主人は機会があれば旅行や出張先から、私の両親にも何かプレゼントを送ってくれるような気配りのできる人でしたし、10歳ほど年齢が離れていたせいもあって尊敬に値する人でした。

ラブラブの若夫婦とは言えない年齢でしたが、お互いに家庭の中でも気を使いあって仲良く穏やかな結婚生活を送っておりました。

どうして離婚をしようと思ったのか

結婚してから2年たったころ、突然主人が脱サラをして小料理屋を始めたいと言い出したのです。勤めていた会社でサラリーマン生活に何か不満があったようなのですが、妻である私に何の相談もなく勝手に決めてしまって、ある日会社に辞表を出してきたのです。

これにはさすがに目の前が真っ白になりました。これから長い生涯を共にするパートナーとしては、とても許しがたいことでした。

会社を辞めても主人は働こうとせず、貯金がなくなると私が若いころに貯めてきたお金にとうとう手を付け始めたので、私としてはこんな人とは将来やっていけそうもないと早目に見切りをつけたのです。

離婚をして良かったこと、悪かったことについて

離婚をしてよかったことは、まだ30代初めでしたので心機一転してやりたい仕事をまた続けていくことが出来たことです。離婚をして自由になったことで、自分の中でも知らなかった才能が芽生えたようで、新しいパートナーとも出会いがありました。

悪かったことは、お見合い結婚でしたので親戚中から我慢が足りない嫁だと誹謗中傷を受けたことです。しかし、そんな声には負けずに新しい人生を精一杯歩んでおります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ