夫婦間のパワーバランスが崩れ不仲に!最後は妻が年下の男と浮気で離婚へ

性別 男性
イニシャル H.N.さん
結婚した時の年齢 28歳
結婚した時の相手の年齢 35歳
結婚期間 7年
子ども 1人

妻のほうが7歳年上で、出会った当初は姉弟のような良い関係だったと思います。しかし、年数がたつにつれて、妻の発言力が増していき、態度が横柄になっていくのを感じました。

夫婦の間でパワーバランスが崩れ、次第に仲が悪くなっていき、やがて妻が年下の男と浮気をしたことがきっかけで離婚に至りました。

妻の浮気が発覚

妻の職場にいる私の友人から連絡が入ったのが浮気発覚のきっかけでした。「奥さん、今日は出社してないけど大丈夫か?」妻はいつものように仕事へ行くと言ってでかけたので、不思議に思いましたが、その時はあまり不審に思いませんでした。

しかし、信頼している友人にお願いし、妻の職場での様子を見てもらうことにしました。結果として、妻が浮気をしているのがわかり、私は友人にお願いして、妻の行動を監視してもいました。

妻は、月に1~2回ほど浮気相手のアパ―トに行き、時間をすごしていることがわかりました。

離婚前の準備

浮気がわかったら、友人に妻の行動を調べてもらい、浮気相手と一緒にいるところを写真にとってもらいました。まるで探偵のようですが、離婚を考えていた私はその対策も立てながら準備をととのえていました。

財産分与の金額、親権、住宅ローンなど、私の要求をまとめ、書面にサインさせようと考えていました。

離婚の際に大変だったこと

親族への説明や離婚での精神的な苦労、仕事への影響などが大変でした。仕事は常に緊張感をもって行っていますが、それに加えて、私生活で離婚問題が発生すると、時間も労力も費やさなければいけません。

仕事をもちながら、休みは離婚の準備や法的手続きの準備、離婚のための戦略を考えるなど。まるで仕事と同じような疲れを感じてしまい、離婚までの1年間は非常に苦労しました。

また、浮気の事実を妻に問い詰めるまでも迷い、悩んだりしました。認めなかったらどうするか、浮気相手と接触する必要がでてくるかなど、スムーズな離婚ができるかが心配でした。

離婚して良かったこと

離婚が成立したあとは、意外にも私の条件に妻が合意したので、さっぱりわかれることができました。ここでもつれてしまうと、また時間と労力がかかるので、不安でしたが、離婚が成立、財産分与なども協議して決めました。

問題解決が最も良いことで、離婚に関する悩み、不安などがなくなったことで精神的に楽になれたのが最大の利点といえます。しかし、今後は独身に戻るので、これからの生活に不安が残るのも事実です。将来をよく考えて、失敗のないようにしたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ