いくらくらいもらえるの?離婚時の慰謝料相場について

相手側有責での離婚する場合は慰謝料を請求することができます。

慰謝料の金額は不当行為の内容な程度によって決まりますが、いったいいくらくらいもらえるものなのでしょうか?今回は離婚時の慰謝料相場について紹介します。

慰謝料とは

離婚時に請求できる慰謝料とは、離婚に至る原因を作った人物がパートナーに与えた精神的苦痛を賠償する目的で支払われる金銭のことです。

結婚した夫婦が離婚という結論に至るまでには様々な原因が考えられますが、夫婦どちらかに落ち度があった場合に関してのみ慰謝料が発生します

慰謝料は離婚原因となった内容に関して金銭に換算して算出され、法律に基づいた形で支払うのがルールです。慰謝料は法的に保護される金銭であり、たとえ相手が破産したとしても面積の対象には含まれません。

慰謝料の基本

慰謝料は離婚原因を作った有責側が支払うのがルールです。夫婦双方に同程度の責任や落ち度があった場合や、特に目立った落ち度が無く円満離婚に至った場合に関しては慰謝料は発生しません。

また、どんなに落ち度があったとしても請求されない限り支払い義務はありません。慰謝料よりも早期離婚を望んで請求を放棄するケースはよく見られます。

慰謝料は男性側から女性側に支払うことが多いのですが、男性のみに支払い義務があるわけではありません。女性側有責で離婚する場合は男性側から女性側に慰謝料を請求することができます。

慰謝料が請求できるケース

慰謝料が請求できるのは、相手側に明確な落ち度や責任があって離婚するケースです。具体的には浮気やDVなど精神的、肉体的に相手を傷つける言動があった場合や夫婦としての責任を果たさなかった場合、明らかに夫婦関係の継続が困難である行為を取った場合などです。

相手側に落ち度があったことを証明できなければ、慰謝料請求は認められません。離婚を決意したら有責を証明できる証拠を確保しておくことが重要です。

書類や写真だけでなく日頃の行動を記録した日記やメモなども証拠として機能します。

慰謝料相場

慰謝料相場は離婚原因と婚姻年数によって決まります。

不倫・浮気が原因で離婚する場合100~300万円が相場です。不倫・浮気の程度や回数によって変化し、悪質であればあるほど慰謝料は高くなります。

DVやモラハラに対する慰謝料50~500万円程度です。ケガの程度によって金額は変化し、悪質な場合は刑事罰が科される可能性もあります。

夫婦関係の継続を困難にする悪意の遺棄に関しては30~300万円程度の慰謝料が請求できます。家にお金を入れない、子育てに協力しないなど悪意の遺棄の程度と内容によって決まります。

おおよその相場は決まっていますが、基本的には個別のケースで慰謝料は決定します。いくら請求するのかは自由なので、現状を考慮しながら請求額を決定してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ