どうして離婚が起こる?離婚が原因となってしまう5つの事

いまや日本人夫婦の二人に一組が離婚してしまっている時代です。離婚はどうして起こってしまうのでしょうか。

離婚した夫婦が主な理由としてあげる5つの事をみていきます。

このことを知っていて対策をしておけば、離婚を防ぐこともできるかもしれません。

離婚の原因1:性格の不一致

恋愛をしているときには、自分と違った一面を持っている相手に対して、それは自分にないものを持っているので長所だと考え、付き合っています。

しかし、いざ結婚して一緒に暮らすとなると、相手の嫌な面が見えてきたり、あるいは価値観の違いが決定的な違和感を生んでくるのでしょう。

離婚の原因2:子供に対する価値観の違い

子供は夫婦にとって大切なものですが、だからこそ子供に対する価値観の違いは夫婦関係において大きな溝となってしまうようです。一般的に男性の意識は子育てよりも仕事のほうにどうしても気がいってしまいがちです。

そこで奥さんが子育てをしてくれない夫に対して不満に覚えることがあるのでしょう。また、夫婦どちらも子育てに積極的であっても教育方針の違いなどから問題に発展することもあります。

離婚の原因3:どちらかの浮気

信頼関係を裏切る浮気という行為は一気に離婚へと夫婦を加速させます。夫婦生活がうまくいっていないと、お互いだけでは満足できなくなってしまい、他の人に愛情を求めていってしまうのかもしれません。

お互いに不満なところがあるのなら、浮気などの大きな問題に発展する前に話し合う必要があるでしょう。

離婚の原因4:お互いの親との関係

二世帯住宅に住んでいる場合は特にですが、一緒に住んでいなくとも親との関係のなかで問題が起こってくることがあります。

お盆や正月など親戚と集まる機会が一年のうちに何度か必ずありますから、お互いの親と良好な関係を築けていない場合そのことが夫婦関係にも支障をきたしてくることがありえます。

離婚の原因5:肉体的・精神的・性的な暴力を受ける

肉体的な暴力や、あるいは精神的・性的な暴力を受けて離婚となるケースは意外にあるようです。特に男性の方が身体的に有利ですから、夫の暴力によって奥さんが追い込まれる場合があります。

人によって暴力の程度は異なるものの、程度によっては暴力は立派な犯罪行為です。あまりひどい場合には第三者機関へ相談した方がいいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ