養育費は子供の幸せを大きく左右する大切なお金です

夫婦が愛し合って結婚して、やがて子供が誕生して楽しいはずだった結婚生活だったにもかかわらず、知らない間に夫婦の溝が深まり離婚に発展してしまうケースは多々あります。

子供がいなければ離婚は夫婦二人だけの問題で終わりますが、子供がいると親権や監護権、さらには養育費や面会交流の取り決めなど決めなければならないことが多くあるばかりか、それによって子供の将来まで左右してしまうことがあります。

養育費は子供にとってもらう権利のあるもの

離婚に際して子供の親権や監護権を持つ側の親(多くの場合は母親が多いと思います)は、これからの生活や人生設計をどのように立て直していくかという大きな問題に直面します。

そのときに不可欠なのがお金、つまり養育費です。しかし離婚した夫婦の中で実際に養育費がきちんと払われているケースは2割くらいしかありません。

理由としては元夫に払うの能力がないとか、元夫と関わりたくないとか、交渉がまとまらなかったとか、様々ですが勘違いしてはいけないのが、養育費は親権や監護権を持つ親が貰うものではなく、子供にとって必要なお金だということです。

いくら結婚相手のことが嫌いになったとしても、親としての責任は果たすべきです。しかし、養育費をきちんと払うような真面目な人が離婚をするといったケースが少ないです

子供の幸せを優先させてほしい

実際に養育費を請求された側としては、毎月の給料から払い続けるのは確かに大変です。しかし離婚して元妻、元夫が他人になったとしても、子供は自分と血のつながった存在なのです。

子供がまだ小さいなら学費や進学にかかるお金は多額です。ましてや元妻が子供を引き取る場合、専業主婦だったとしたら仕事を探して家庭を養っていくのはとても大変なことです。

離婚したのは子供の責任ではありません。どうか子供の幸せのことを真っ先に考えてほしいものです。

養育費が貰えたとしても、それに頼らない生活を

離婚に際して養育費が何とかもらえるという目途がついたからといって、それをあてにして月々の生活費の計画を立てたり、人生設計をしていくのは不安です

なぜなら、養育費を払う側の相手が転職や引っ越しなどで身元が分からなくなったり、再婚をして家庭を持つと払い続けることが難しくなってしまうケースがあるからです。

養育費は将来の子供のための貯金とし、養育費に頼らない生活をしていくことが必要
です。

養育費についての法律を明確にしてほしい

養育費問題というのは、夫婦間の大変な取り決め事項であるばかりでなく、子供の人生を大きく左右してしまう問題でもあります。養育費は子供に支払わなければならない義務があるものです。

それなのに、日本の法律ではそれが徹底されていないため、養育費が実際に払われているケースが少ないのです。児童扶養手当が法律できちんと明確化されているように、養育費も法律の整備によって、きちんと支払われるようルール化してほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ