結婚より難しい離婚!離婚の原因に最も多い4つの理由は何か?

今、数十秒に一組のカップルが離婚していますね。愛し合って結婚したものの、何故離婚と言う悲しい結末になってしまうのか?

結婚よりも難しいと言うのが離婚です。それでも離婚したいと言う人の原因は何なのでしょうか?

原因1:お互いの両親について

今まで全くの他人だった二人が同じ屋根の下で暮らしていくことだけでも大変なのに、相手方の両親も一緒に暮らすと言うことになると、始めは良かったとしても様々な問題が出てくるものです。

今は一人っ子の家庭が多いし、必然的に両親の面倒を見なければならないと言う現実が出てきますよね。お互いの両親と言うのは、たとえ一緒に暮らしていなくても、折り合いが悪いと言うのはよくある話です。

相手の親戚の集まりなどが行くのが億劫で仕方ないなど、そんな不満も離婚原因の要因となっているようです。

原因2:相手の浪費癖

それから、離婚の原因として挙げられるのが、旦那さんが奥さまに生活費を渡さないと言うのもあります。

旦那さんが家に生活費を渡さないと言うことは、浮気などの原因も考えられますし、奥さんからしてみたら、自分のことを信じていないのではないかとか色々良くないことを考えてしまいがちです。

逆に、奥さまの浪費癖が離婚に至るケースもあります。金銭面と言うのは後々大変な問題になる場合があるので、話し合っても答えが出ないなら、離婚をお勧めします。

原因3:家庭をほったらかし

結婚したものの、旦那さまが家庭を省みないで毎晩帰りが遅かったり、子供に愛情を注がなかったりする人もいますね。奥さん、一人に家事・育児を任せっきりですと、奥さんのストレスは相当なものになってしまいます。

特に、育児と言うのは本当に大変なものなのです。育児ノイローゼなどなってしまってからでは遅いのです。産まれてきた我が子を愛せない、父親とは一緒にいても幸せになれる気がしませんね。

原因4:DV

離婚原因の中で、多いはずなのに怖くてなかなか言い出せないのがDVですよね。今はDVシェルターなどもありますが、旦那が怖くてそこに逃げることもできない、誰にも相談できない。

もし、そのようなことがあったら迷わず離婚することがいいと思います。DVをする人は、いったんとても優しくなりますが、また同じことの繰り返しになると思うので、一時の優し差に騙されないでほしいです。

自分の親でも友達でも誰でもいいからまず相談して、それから離婚の話し合いを進めた方がいいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ