夫が仕事場で不倫、暴力もあって離婚へ!実際に体験した結婚生活

性別 女性
イニシャル Y.N.さん
結婚した時の年齢 19歳
結婚した時の相手の年齢 29歳
結婚期間 6年
子ども 2人

出会いは私が高校卒業したばかりで入社した某病院でした。アルツハイマーの方を専門ししている病棟でしたが、職員ほぼ全員が「アルツハイマーだから覚えてないだろう」という理由で冷たい対応をしており、理想と現実のギャップに葛藤していた時でした。

患者さんにしゃがんで優しく接する一面を見て単純に尊敬したのが始まりでした。交際1ケ月で結婚を前提にと言われ、交際が1年が過ぎたころに結婚しましたがそこから驚きの連続でした。

結婚してすぐ

一人暮らしもした事がなかった私は慣れない新婚生活に体調を崩す日々がしばらく続きました。仕方なく仕事も辞め、家事に専念しながら療養していた時です。たまたま見つけた旦那が過去に記したスケジュール帳が出てきました。見るとつい最近まで使用していたようです。

その内容をみて愕然としました。元カノ(二股かもしれません)と週に何度か会っていたのです。

その事実を周りの友人などは知っていたようですが、知らないまま、誰も教えてくれないまま結婚してしまったのです。そして、旦那の給与は手取り約20万程でしたが、その半分ほどが、車につぎ込んだ借金ですぐに終わる目処の無いものばかりでした。

残り10万円で生活できるわけもなく、私も万全ではない体を奮い起こしていろいろな仕事をし、サポートしました。今考えれば、その借金を抱えての結婚に対して一言の謝罪も旦那からはありませんでした。

離婚に至った経緯

宗教の強制、モラハラ、性的DV、育児無関心、姑からの嫁いびり、離婚決断に至ったのは子供に不倫での心変わりが原因で暴力を働いたことです。

一般常識を踏まえておかしい事を言及しても、「誰がお前の意見を正しいと言っている?それはお前のエゴだ。悔しかったら統計を取ってこい。」

知人やインターネットを駆使して探してきても、「それは日本中の何人に聞いたんだ?過半数に聞いたのか?そんな少人数の意見で俺に修正を押し付けるお前が間違っている。謝れ。」との屁理屈。

ましてや生まれた子供への接し方はペット同然。寝ている私の布団を引っぺがし、いきなり同意もなく性行為を無理強い。

育児に関心の無い事を問いただすと「お前が欲しいと言ったから作ってやった。」と言われました。

でも、子供のためにこんな人でも父親は必要だと思い、必死に耐えて時には子供にあたり散らし、自己嫌悪し、部屋の片隅で泣き明かした事もありました。

離婚のきっかけ

旦那が職場で患者さんに暴力を働いたと、ある程度しっかりと受け答えできる患者さんが看護師長さんに言いあげてきたそうです。それがきっかけで表向きは自主退職という形で辞めざるを得ない状態になりました。

そして転職先の病院の主任をしていた女性と恋仲になったようです。服装も突然好みが変わり、私や子供は中古の服ばかりでしたが、旦那だけは何万もかけ、新品の服を生活費から買いあさる日々。下着まで変えたのは決定的でした。

その事で子供への暴力が起こり、私は子供を連れて実家に逃げ帰ったのです。父は何度も何度もよりを戻すように説得してきましたが、彼はあっさりと離婚を言い渡してきたのです。

離婚手続き完了までの困難

私の場合はとにかく父が一番のネックでした。父自身が両親から見放されたような環境で育ったため、とにかく離婚に過敏でした。

暴力を受けてでも戻ったほうが幸せなのかといつも私は父に問いただす日々。その間にも旦那は私と子供が出て行った部屋に堂々と招き入れていたというのが近所の人の後日談で発覚。これにはさすがに唖然としました。

私も、自分の意思とは関係なくただ、ロボットのように旦那の言いなりになっていた方が良いのかと思うと子供と3人で心中したい気にさえ追い込まれており、父がそれを察してない事に毎日針のむしろ状態でした。

離婚してみて

私としては良かったことしかありません。子供たちは離婚後、みるみる穏やかになりました。

旦那の借金でヤキモキすることもなく、寧ろ子供に愛情を注ぎながら仕事に専念できる環境をありがたいとさえ感じております。

今では、何か入れ知恵したわけでもありませんが、子供は当時を覚えており、過去となった今でも恨みの言葉を口にすることがあります。そして今、私より子供たちが新しいパパを欲し婚約までできたことでやっと過去の傷が癒されつつあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ