金の愚痴が原因で離婚!そんな生活から解放されてすっきり

性別 女性
イニシャル S.T.さん
結婚した時の年齢 39歳
結婚した時の相手の年齢 36歳
結婚期間 5年
子ども 2人

私は2か月前に主人と離婚をしました。結婚に際しては贅沢すぎるほどのお金を費やしたものの、それ以降はお金のことで不満が募ってばかりの結婚生活でした。

結婚に際しては贅沢すぎるほどのお金をかけた

主人とは出会ってたった半年で結婚しました。新居は新築のアパートで、家具や家電は贅沢をして高価なものを購入し、新婚旅行も無理やり仕事の休みを取って一人当たり40万円ほどの予算をつぎ込んで10日間ほどヨーロッパを1周しました。

また結婚式にも100人ほどの招待客を呼び、あこがれていた結婚生活を順風満帆に始めることができました。また義理の両親との関係もよく、主人がいなくても義理の実家に泊まりに行ったり、義母と電話でよく話したりもしていました。

給料の額を教えてくれない

共働きのときはお互いの給料から15万円ずつ出し合って家賃や食費、夫婦の貯金などに宛てていました。私が妊娠をきっかけに仕事を辞めてからは、主人の給料だけでの生活になった訳ですが、自分の給料をすべて出すことは嫌がって、給料から20万円を家庭に入れてくれるものの、残りは自分の貯金や交際費に充てており、私は不満に思っていました。

主人の毎月の給料がいくらなのか教えてくれないし、20万円を家庭に入れてくれてもどれくらいの額が主人の手元に残って主人だけの貯金や交際費になっているのか分かりませんでした。

主人の給料をあてにして私が遊んで暮らしていると思われていた

子供が生まれてからママ友と出かける機会が増えたのですが、主人にとっては私が主人が稼いだお金で遊んで暮らしているとしか思っていないような発言が続きました。

子育てをしてきちんと家事もこなしているのに、それを全く理解してもらえなかったのです。食費や子供のおむつ代、日用品代で毎月10万円ほど使っていたのですが、それがすべて私の浪費分だと言うのです。

また自分は仕事が忙しくストレスとためて頑張っているのに、私は子供がいることを理由に遊んでばかりだと頻繁に言うようにもなりました。

そしてこのような発言をするたびに、私が浪費を止めなかったり遊んでばかりいると離婚だと言うようになってきたのです。

別居後すぐに離婚を決意

子供がいて働くことができないのに、毎日の生活に必要なものを買うたびに浪費していると言われ、主人と一緒に生活していることが苦痛になってきました。

しかし、専業主婦の私が離婚をして子供を育てていく経済力はないし、子供のためにも離婚はよくないと思っていたのですが、主人からのお金に対する愚痴はどんどんエスカレートしていき、ついに子供を連れて別居をすることを決意しました。

別居を切り出した際、生活費として少しまとまったお金は持って行ったのですが、私がそれを宛てにして別居中でも働かずに実家で生活していたことに対して主人は不満に思っていたし、私がいなくなった家では主人が働きながら家事までこなさないといけない、それなら婚姻状態を維持して私にお金を渡す必要なんてないと思ったようで、別居して1か月後に離婚したいと言われました。

私もそこまでお金にシビアな人と婚姻状態を続けるのはこれ以上無理だと思って、離婚を承認しました。現在は、実家にお世話になりながら、手当やわずかな収入で何とか生活をしており、金銭的には苦しいですが、お金のことで不満ばかり言われる生活から解放されてすっきりしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ