家に帰るのが苦痛で家庭内別居から離婚へ!

性別 男性
イニシャル T.A.さん
結婚した時の年齢 32歳
結婚した時の相手の年齢 29歳
結婚期間 3年
子ども なし

社内で知り合い結婚をする事になりましたが、私が勤務をしていた部署に配置換えになった妻が来た事が出会いで知り合うことになりました。

始めの頃は特に意識をする事も無く挨拶程度だったのですが、会社の飲み会で横に座る事になり話をしているうちに共通の趣味を見つけて話が盛り上がってしまい、急接近をして付き合うことになりました。

それから半年後には結婚をする事になりましたが、同じ会社に務めていた事もあり、上司、同僚を含め盛大な結婚式で皆さんが祝ってくれました。

マンションで二人きりの生活が始まりました

結婚後、マンションを購入して新生活が始まりましたが、毎日が楽しかったですし何不自由ない生活を送っており、家庭を持った責任もありましたので使命感を持って妻を大切にしながら、がんばっていました。

仲は凄く良かったのですが、たまには口喧嘩もしており、最終的には私が折れてしまい我慢をする事がありました。また、何か言いたい事がありましても、あえて口に出さずに自分の中で収めておく事が多く、何かを言って事が大きくなるのが嫌で何も言わずに耐える事もありました。

ですが、あることがきっかけで初めて大きな喧嘩をしてしまい、溜まっていた事が一気に噴出してしまいました。

私が何も怒らない事を理由に疎かになって行きました

仕事から帰ってきますと食事の用意がしてあり、一緒に食べる事が日課になっていたのですが、帰りが遅くなる時は事前に電話を入れて、遅くなるから先に食べていて欲しいと連絡を入れていました。

ですが、定時の7時頃に帰宅をすると食事が用意をされておらずに、食卓に何も並んでいなかったので、どうしたと聞きますと、遊んでいてさっき帰ってきたと言いました。

おまけに買い物に行っていないから何も作れないと言い出し、疲れたから休むと言い出しました。その時は仕方が無いと思い何も言いませんでしたが、それが二度三度続き、私の方が我慢できなくなり思いの程をぶちまけると、初めての大喧嘩になってしまいました。

普段何も言わずに我慢をしていたので一気に出た感じです。こちらが文句を言うと、もっと早く言ってくれと言われましたが、我慢していたのが分からないのかと言うと、妻は家を飛び出してしまい、実家に帰ってしまいました。

2日ほどで戻って来ましたが、その日を境に溝が出来てしまいました。

口数が減り、家庭内別居状態になりました

形式的に食事は一緒に採っていましたが口数が無口になり、用が済むと、お互いの部屋に篭りだし必要意外には喋らなくなってしまいました。

この頃になりますと、仕事が終わり家に帰るのが嫌になり、同僚と飲みに行っている時間が楽しくて、理由をつけては少しでも家に帰る時間を延ばしていました。

家に帰っても合わない人がいるので、自分の家なのに帰宅をするのが苦痛になっているくらいに冷め切っていました。

両親を交えての話し合いで離婚をする事にしました

結婚をして3年目の時に、お互いの道を歩んで行こうと話し合い、お互いの両親を呼び寄せて話し合いになりました。

両親は、もう一度やり直せないか、後悔をしないか、と復縁を迫って来ましたが、もう無理だと思っていましたし、決意は固かったのでお詫びを入れて離婚を認めて頂きました。

離婚をして一人になってみて

一か月程の準備期間を置いて正式に離婚をしましたが、正直、出会った頃の楽しさを思い出して、もう一度仲良く出来ないかと考えた事もありました。

ですが、一度冷め切った感情は元に戻る事無く縁が無かったと思い。自分に言い聞かせるようにして別れました。喧嘩は殆どした事がなく溜め込んでいましたが、今から思えば思った事を素直に言える間柄でしたら、相談の中で共存ができたかも知れないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ