若い世代でも簡単に離婚してしまう!離婚の主な3つの原因は?

離婚をするという事は経歴に泥を塗るようなイメージがあって簡単には出来ないものでしたが時代の流れとともに考え方も変わってきているようです。

現在では若い世代でも簡単で離婚してしまう場合が多く若いシングルマザーの人もよく見かけたりしています。現在の離婚する時にどういう原因でしているのか見ていきましょう。

離婚の原因1:浮気

離婚の原因で最も多いのがやはり浮気です。以前は男性が仕事をして女性が家庭を守るという形でしたので、浮気をするなら男性の方が多かった時代でもありました。

しかし、現在は共働きの家庭が多いので男性も女性も出会いのチャンスは出来てしまいます。それによって新しい恋が芽生えてしまって、浮気に繋がってしまう事が多くなっています。

また最近ではスマートフォンの普及により、SNSがどこでも手軽に利用出来る時代になりました。それでSNSを利用する事によって、学生時代に付き合っていた人と再会をしてしまったりする場合もあるので、そこから浮気に発展してしまうケースもあります。

時代とともにいろいろ変化しているのが、浮気するチャンスが多くなってしまっているとも言えるでしょう。

離婚の原因2:DV、モラハラ

以前は男性が女性に対して暴力を振ってしまう事が多かったのです。しかし、時代とともに少しずつではありますが変わってきている事もあります。

確かに男性が女性に対して暴力を振う事は今でもよくありますが、最近は女性の方が強くなっていて男性の方が気弱な草食系になっている傾向があるので、女性が男性に暴力を振うケースも増えてきていると言われています。

暴力を振らわれると対等に話せなくなってしまって、関係が悪化して離婚に繋がってしまいます。現在は共働きが多くて、男性も女性もストレスを溜めこんでしまっているのも多きな原因と考えられます。

離婚の原因3:考え方や価値観が違う

結婚をすると一緒に暮らす事になるので、付き合っていた頃には分からなかった部分が見えてくる事がたくさんあります。

付き合っていた頃はお互いいいところを見せようと思うので、猫をかぶっている事が多いので分からなかった事がたくさんあるのでしょう。それで考え方や価値観の違いに気づいて、だんだん居心地が悪くなってしまって、一緒に暮らしていくのが苦痛になってしまいます

お互い共感出来なくなってしまうと、さすがに修復は難しいので離婚に繋がってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ