子どもが先天性病気なのに旦那は外食三昧!さらに2歳の子供に暴力で離婚へ

性別 女性
イニシャル Y.N.さん
結婚した時の年齢 19歳
結婚した時の相手の年齢 29歳
結婚期間 6年
子ども 2人

元々は職場恋愛でした。職場ではとても笑顔で優しく接し、本当に尊敬していたはずが、結婚後に見る顔は180度違いました。

ここまで裏表のある人間だと分かっていたら初めから結婚してなかったと思います。見事なまでに騙されました。

結婚まもなく

結婚直後、ほんの1週間程で素顔が見え始めました。すぐにキレる、我儘、自分の主張ばかりでした。借金も給料の半分程が占めていました。

おまけに一般論を言えば、「それは誰の情報だ?日本人口の過半数がそういってるのか?統計でもとってこい。日本人の過半数がお前と同じ考えなら俺は土下座してやる。そもそも一般論を俺につきつけてくる方が間違ってるお前が悪い。謝れ。」と罵られる始末。

生活の中身

子供を二人授かりました。が、子供は自分の気の向いた時だけペットのようにかわいがり、ゲームを邪魔されようものなら2・3歳の我が子に怒鳴り散らす有り様でした。

二人目の子供は先天性の病気で入退院を繰り返し、それにつきっきりの私。にも拘わらず毎日外食三昧で食費はあっという間に底をついてしまいました。

この時私の中ではもはや情すらも彼にはなく、いつ離婚しようかと毎日そればかり考えていました。

離婚のきっかけ

心身ともに毎日疲れ切って、体調不良を頻繁に起こすようになっていたある日、いきなり服装や下着に気を使うようになりました。そして、子供達の相手を一切しなくなったのです。すぐに浮気を疑いました。

そんなある晩、就寝時間になったため、子供たちにお片付けをするように私が言うと、ちょっとした事で子供達がケンカになってしまいました。そして、上の子が泣き始めたのを知ると、さっきまで無関心だった旦那がいきなり飛んできて、下の子を抱え、平手打ちしたのです。

2歳の我が子の頬には4本の指の形で真っ赤にはれ上がり、震えながら泣き叫びました。そのまま翌朝、実家に逃げ帰りました。

あっさり離婚

実家で事情を話し、荷物をすべて持ち帰りました。

さすがに旦那も子供に手をあげた事は罪悪感を感じていたようですが、「今後どうするのか?」とこちらが聞くと、あっさり離婚したいと言い張りました。浮気のついては否定していましたが、こちらは動かぬ証拠を握っていました。

でも、それよりも子供と穏やかに暮らしたい。その気持ちで離婚調停などは一切しませんでした。

離婚後は、本当に幸せを噛み締めながら子育てが出来ました。離婚はかなりの精神的ダメージがあります。慰謝料、養育費、親権等全てを自分の意思通りに持って行こうとすると時間もお金もかかってしまいます。

離婚経験者が身近にいましたら、絶対にアドバイスをもらう事、離婚経験者が居なければ法律の無料相談を利用をするのが絶対に安心だと痛感しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ