離婚調停って一体なに?裁判とは似ているようで違います!

離婚をしたいと思った場合、折り合いがつかない場合や、離婚を拒否されてしまい当事者同士では解決不可能という場合があります。

それでも離婚したいと思ったら、裁判を起こす前に離婚調停という解決方法があります。

離婚調停という言葉をよく耳にすることはあると思いますが、実際どういうものなのか、解説していきたいと思います。

離婚調停って一体どういうことをするの?

離婚調停とは、話し合いによっても双方の納得が得られず、離婚の話し合いがまとまらない場合や、離婚には同意できても親権者が決まらない場合、パートナーからのDVなどにより話し合いが難しい場合などに、裁判所を通して離婚問題の解決を試みることを言います。

離婚調停では、離婚に詳しい専門家が双方の主張を聞いて、法律に沿った中立の立場から両者の関係を調整し、納得できる案を提示してくれます。

離婚時のトラブルでは、慰謝料などお金の問題や、親権など子どもに関する問題など、様々なことを気にしなくてはならないでしょう。

離婚調停は、問題の原因や内容に関わらず、離婚に関するすべての問題を解決できるよう依頼することが可能です。離婚することは決まっているが細かい条件や問題などでスムーズにいかない場合は、離婚調停にて法的に適切な条件案が出されることで離婚が円滑に進むケースも多いです。

離婚調停と裁判は似ているようで違います!

離婚調停も裁判所に出てきて判決をつけようとすることから、裁判と混同されてしまうことも多々ありますが、裁判とは全く別のものになります。

裁判は、訴えた側が相手方に責任があることを証拠などによって証明し、相手の言い分を覆すことが必要です。訴状の作成など専門的な知識が必要であるため、素人1人では闘うことが不可能となっています。

一方、調停では終始専門員を通してやり取りを行うため、裁判のように弁論で相手と直接たたかう必要はありません。もちろん、調停でも証拠を揃えるなどすれば自分に有利にはたらくことは変わりなく、逆に証拠が無ければ、相手方に不法行為があっても納得のいく条件に導くことは難しくなります。

調停で離婚が成立しなければどうなるの?

調停で双方が納得できる妥協案が見つからず、調停での解決が難しいと判断が下った場合は、裁判所の判断で調停不成立となり離婚が認められないことになっています。

それでも離婚を希望する際は、裁判か審判の手続きを行うことになります。また、どうしても離婚を希望する場合は、弁護士とともに調停に臨む事で「離婚する」という意思が伝わり、離婚を前提とした調停を実施してくれるようになります。

また、弁護士は経験豊富ですので、どのような主張をすればこちら側に有利かどうかが分かります。弁護士をつけるか判断がつかない場合も、まず弁護士に相談してみることをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ