浮気が原因で離婚する場合の慰謝料は?法的に必要な手続きや相場について

パートナーの浮気が原因で離婚する場合、パートナーと浮気相手に対して慰謝料を請求することがあります。

しかし、慰謝料を請求するためには、調停や裁判に訴えて、法的な手続きにのっとって慰謝料を請求する必要があるでしょう。

そのためには浮気の証拠をおさえ、パートナーと浮気相手ともに浮気の実態があったと認めさせる必要があります。

まずは浮気を認めさせる

調停や裁判に訴えて慰謝料を請求することは「法的手続き」によって相手にお金を要求するということ。法的に、「浮気の証拠」をつきつけて調停委員や裁判官に納得させる必要があるでしょう。

弁護士を雇う場合には、証拠を提出して法廷の場で裁判官に対して証拠を見せ、「浮気があった」と認めさせることです。

慰謝料の相場とは

パートナーが浮気をしたから、怒り心頭になって法外な慰謝料を請求してもそれは認められません。慰謝料とは精神的な苦痛に対する賠償金額のことであるため、自分が受けた苦痛の度合いを示す必要があります

パートナーが浮気をしたことによって家族のことで悩み、「うつ状態になってしまった」。こういった場合、「診療内科によるうつ病の診断書」などがその証明となります。この精神的苦痛がどれほどのものかを証明すればするほど、慰謝料の金額に影響してくるのです。

また、慰謝料は請求する相手の収入などによっても大きく影響します。一般的に年収700万円ほどの人が浮気をした場合には、200万円程度の慰謝料を請求できるといわれています。

ただし、これは一般的なことであって、すべてに当てはまることではありません。

慰謝料は弁護士に相談

浮気が原因で家庭が崩壊してしまった場合は、浮気をしたパートナーと浮気相手の双方に責任が生じます。慰謝料をどのくらい請求するかは、弁護士に相談すればわかるでしょう。

そのためには、パートナーの給与明細などをもって、相談に行くこと、財産を証明できる書類をそろえておくことが大切です。弁護士もその年収などを見ておおよその慰謝料の金額を算定するはずです。

また、弁護士を雇って請求する場合は、とれる慰謝料の金額から弁護士費用を差し引いて、どのくらい残るかなどを計算して請求する必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ