不貞行為によって慰謝料を請求する場合に大切なこと

パートナーの浮気が原因で慰謝料を請求したい場合、浮気をしたという事実を証明する必要があります。しかし、浮気を証明するためには「浮気の実態」を法的に証拠として相手に示す必要があるため、きちんとした調査が必要になってくるでしょう。

裁判上の離婚理由にあたる「配偶者に不貞行為があったとき」をもとに、離婚時の慰謝料について見ていきたいと思います。

そもそも不貞行為とは

離婚の原因としてパートナーが浮気をしていた、ということがよくあります。この時に家庭が崩壊してしまって離婚にいたり、精神的な苦痛を感じた場合に請求するのが慰謝料です。

慰謝料は法的な手続きによって請求するため、離婚の理由である「不貞行為」をきちんと相手に認めさせる必要がでてくるでしょう。法的に定める不貞行為とは「肉体関係があったかどうか」です。

パートナーが浮気相手と手をつないで歩いていて、明らかにデートしてる現場を目撃したという場合。これは、法的には「不貞行為」ではなく、この情報だけでは裁判上の「配偶者に不貞行為があったとき」の離婚理由には該当しません。

不貞行為とは肉体関係のことですから、パートナーと浮気相手が肉体関係をもっていることを証明する必要があるのです。これは、探偵事務所などが浮気調査をした時に「2人がラブホテルへ出入りしたシーンを撮影したもの」といえるでしょう。

2人が肉体関係をもっている現場自体をおさえなくても、明らかに肉体関係があったと推測できる状況を証明できればいいのです。

慰謝料には相場がある

パートナーの不貞行為によって慰謝料を請求したいという場合は、相手の年収などが大きく影響してきます。

また、慰謝料とは精神的な苦痛のことなので、不貞行為が何度もあることを証明できれば、「浮気の常習性」が認められ、それだけ精神的に苦痛を感じたことを証明できるでしょう。その苦痛が大きければ大きいほど慰謝料も相場より高い金額を請求できるというわけです。

相手の年収による慰謝料

慰謝料を請求するには、パートナーの給与明細などが重要な情報となります。弁護士を通じて請求する場合などは、資料として提出することで、どれだけ慰謝料を請求できるかを判断する材料になるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ