お互いの話し合いで決着しない場合に利用する離婚調停とは?

離婚調停とは、夫婦がお互いの話し合いで決着がつかず、離婚できない場合に家庭裁判所内の調停を利用して第三者に離婚の手助けをしてもらう制度です。

離婚をするときは、それぞれの財産や親権、養育費などを決めておく必要があるでしょう。

協議離婚は、これらの条件を自分たちで決めることで離婚しますが、双方の主張がまとまらないときなどは、調停委員にあいだに入ってもらって解決する方法があります。

調停に訴えるときはどんなとき?

例えば、旦那さんの浮気が原因で離婚を考えた場合、離婚届けにサインしてしまえば、そこで離婚が成立するので、何も取り決めがないまま別れることになるでしょう。

こうした場合は、あとでお互いの共有財産(預貯金など)を分配しようとしても、2人で話し合って、合意した金額で別れるようになります。

しかし、奥さんのほうが浮気の被害者である立場から、旦那さんに対して莫大な金額を要求した場合、旦那さんが拒否すれば、お互いの話し合いが決裂することになるでしょう。

こうなったときに利用するが調停で、離婚を成立する前に手続きをして、財産分与や親権をどちらがもつかなどを取り決めたうえで離婚を成立させることをいいます。

調停開始までの手続き

離婚調停は、調停に訴えたい人が家庭裁判所に行って、必要書類などを記載し、調停を申し立てます。調停手続きが済んだら、家庭裁判所から呼び出し通知がくるので、その日に応じなければいけません。

当然、パートナーにも調停申し立てに関する話はすべきであり、お互いが調停の日に家裁で話をするようになります。

調停とはどんなもの?

調停の呼び出し日になったら、家裁へ行って、それぞれ呼び出しがあったときに部屋に入ります。そこで、調停委員に対して自分の要求(財産分与や親権など)を伝えていきます。

どんな理由で別れることになり、どのくらいの財産を要求するのか、親権はどちらがもち、養育費はいくらが相当なのか。もちろん、相手の年収などにもよりますが、調停委員はそれらの話を聞いてお互いの主張の妥結点を探っていきます。

これで何度か話し合いを通して、最終的に提示される金額や条件で合意すれば、調停が成立ということになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ