裁判上で認められる離婚の2つの理由は?小さなサインを見逃すと離婚に!

離婚の原因としては三者三様で、1組の夫婦がいれば、離婚の原因はさまざまでしょう。しかし、離婚の多くの理由は2つに絞られるといわれており、いずれも裁判上の離婚理由として認められるものが多いようです。

民法に定められるとおり、裁判上の離婚理由は「配偶者に不貞行為があったとき」「婚姻を継続しがたい重大な事由」の2点があげられます。

これ以外にも離婚理由はありますが、夫婦の多くがこの2つを原因として別れています。

離婚原因①配偶者に不貞行為があったとき

ひとことでいえば浮気から不倫にいたり、パートナーが浮気相手と肉体関係をもったときといえるでしょう。浮気が原因であれば、調停や裁判に発展したとしても「浮気の証拠」があれば、原告の主張はとおりやすくなります。

浮気したことを認めさせることも大切ですが、探偵事務所などを利用して浮気の証拠をおさえてしまえば離婚はすぐに成立します。裁判上でも認められている離婚の原因なので、最もわかりやすい離婚原因といえます。

離婚原因②婚姻を継続しがたい重大な事由

この離婚原因が最も多い理由は、性格の不一致や金銭感覚のズレなど、その理由が多岐にわたるからです。例えば、結婚したあとで生活に支障をきたすような金銭感覚がわかり、家計を圧迫してしまうなどがあるでしょう。

これは、家庭生活を送る上で困難がともなう場合に適用される離婚理由なので、どのくらい「夫婦生活が難しいか」を伝える必要があります

調停や裁判で別れるときは、この離婚理由が「どれだけ重大なものか」「夫婦として耐えがたいか」を論理的、かつ物証をもって訴える必要があります。

離婚の原因は多種多様

現在では結婚するカップルよりも離婚する夫婦のほうが多いと言われています。離婚の原因は、ちょっとした感覚のちがいや、結婚後に生理的にムリだと判断したなど、細かくいえばかなり多くの理由があげられるでしょう。

簡単に離婚してしまえることが、離婚が多い理由といえます。ちょっとしたことで感情的になっても、我慢することで離婚を減らすことができるかもしれません。

離婚に至るまえに、相手と気持ちがすれ違っていくような兆候がある場合があります。これらの小さなサインを見逃すと離婚原因にまで大きく膨らんでいくので、その都度、話し合いが必要でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ