何にどのくらいの金額を使ったかが浪費による離婚のポイント

離婚の大きな理由として裁判上で認められる「婚姻を継続しがたい重大な事由」があります。これは夫婦のあいだでの価値観の違い、性格の不一致、金銭感覚のズレなどが主な理由です。

このうち、金銭感覚のズレにより、パートナーに浪費癖があり、家計を圧迫するようなお金の使い方をする場合は、離婚の理由として認められるでしょう。

金銭感覚のズレにより、浪費が続いている場合は、その金額や浪費している期間などが重視されます。

金銭感覚のズレとは?

金銭感覚のズレとは具体的にどんなことでしょうか?例えば、年収300万円の旦那さんが毎月10万円のお小遣いを使って趣味にお金をかけてしまったとします。当然、家計は圧迫されますから、この場合は浪費とされるでしょう。

しかし、年収1000万円の人が同じことをしても、浪費とはいいきれず、家計を圧迫しない場合もあります。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」を離婚理由にしたときの金銭感覚のズレ(浪費)とは、収入に対するお金の使い方です。奥さんが家計簿をつけていたとしたら、それをもとにお互いに使える金額はどのくらいか目安があるでしょう。

これを逸脱すれば、浪費として家計が圧迫され、離婚の原因になってしまいます。

浪費を証明することが大切

パートナーの浪費を理由に離婚したいという場合は、浪費した金額や期間、どんなものに浪費したのかを確認する必要があるでしょう。

お金の問題になると、夫婦間でもモメるため、協議離婚が成立せずに調停や裁判にまでもつれる場合があります。こうしたときに、調停などで提出する証拠資料としてモノ、金額、期間を示すことがポイントになってきます。

収入に対して、生活費がどのくらいかかるのか、子供がいれば今後どのくらいお金が必要になってくるかなど。まずは夫婦間での話し合いがあるはずですから、その金額に対してパートナーがいくら浪費しているかを証明しなければいけません。

何に浪費したかも重要なポイント

浪費した場合は、何にお金を使ったかも大きなポイントになってきます。家庭に必要なものを買い込んだ場合、すべて自分の趣味に投じた場合、第三者に交際費として使った場合など。

その有用性も浪費と言い切れるかどうかのポイントですから、普段から使ったモノの証明書類(レシート、領収書、クレジットカード明細など)は保管しておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ