宗教問題についてはきちんと確認!納得した上で結婚生活を!

性別 男性
イニシャル e.i.さん
結婚した時の年齢 29歳
結婚した時の相手の年齢 21歳
結婚期間 3年
子ども なし

最初は宗教問題でここまでもめるとは考えていなかった、というのが正直な感想です。誰しもがそうだと思いますが出会ってから離婚をするなど夢にも思っていませんでした。

宗教に限らず相手あっての事なので、色々な考えの相違はあると思いますが、私たちが宗教問題で終わりになったエピソードをご紹介したいと思います。

付き合うまではごく自然の流れ

出会いはどこにでもある、ごく自然の流れでした。社内恋愛だったのですが、一緒のプロジェクトをしている時にいつしかこの人と一緒だったら楽しいだろうなとお互いが感じ、付き合うようになったのです。

特に変な趣味や癖があるわけでもなく、年もある程度離れていたので些細な事でケンカする事もなく付き合ってから2年くらいが経って結婚を意識するようになりました。

結婚してからの生活

そして付き合ってから3年経った頃、晴れて結婚をする事になりました。結婚してから一緒に生活をし始めたのですが2週間に1回、彼女は「集会に行ってくる」といって家を空けるようになりました。

友達の所にでも行っているのだろうと最初は気にも留めなかったのですが、ある日片付けをしていると棚の下から宗教の教えを書いた書物がたくさん出てきたのです。

宗教を否定する訳ではなかったので、彼女にそれとなく質問したところ、独身の頃から熱心に通っている宗教との事でした。でも結婚している中で、もう不安な要素はないはずだと言い聞かせ、宗教は脱退して普通の生活を築こうと努力はしてみました。

離婚へ向けて

宗教を脱退してもらいたい気持ちが強く、否定するには自分が体験してからでないと、何も言えないと考え彼女と一緒に宗教活動に参加したりもしました。

お金を巻き上げられたりするところではなかったのですが、明らかに普通の感覚とは違う所が髄所に見られた為、それからというものきちんと理論立てて彼女に脱退するよう説得はしました。

しかし、それからというもの彼女は油に火を注ぐように宗教活動に熱心になり、これはもう離婚の選択肢しかないと感じるくらいになってしまったのです。

離婚をして感じた事

離婚に関しては、お互いがもめる事もなくお互いの考えを尊重するという結論で、あっさりと別れました。子供もいなかった為、慰謝料請求もなく円満に解決した形です。

今考えると、結婚する前にこのあたりの事はきちんとしていないといけなかったと思いますし、宗教は自由だという法律があったとしても、場合によっては身内がはまっているのならば反対せざるを得ない事も学びました。お互いまだ若いので、これもまた一つの糧として大きくなっていこうと考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ