財産分与について知りたい!財産分与に重要な貢献度とは?

離婚を決意するなら夫婦で築いてきた財産の分け方を考えないといけません。しかし、離婚という決断を前にした2人が財産をどのように分けるのか話し合うのは困難です。

ここでは夫婦の財産分与に関して理解して、分け方でトラブルが起こらないように勉強しましょう。

離婚する時の財産分与の目的とは何か

離婚へ踏み出そうとするならこれまでに夫、妻2人で所有してきたもの、築き上げた財産などをそれぞれ個別に分ける方法について考える必要があります。

別れたい思いが強いほど離婚する事とその実行ばかりに気をとられて、財産の分け方についてあまり考えない人がいます。離婚時の財産の分け方に関しては財産分与という言葉で表現されます。

まずは財産分与の目的は何かを理解しておきましょう。財産分与の基本的な目的は結婚生活で夫婦が築いてきた財産を公平に分ける事です。

これは財産の清算ですから生産的財産分与と呼ばれています。普通は財産分与というとこの生産的財産分与の意味あいが強いです。次いで、離婚後に生活が困難になる側への生活費の支援が目的が行われる扶養的財産分与があります。

また、財産分与慰謝料を含めた慰謝料的財産分与や婚姻費用の清算を財産分与で行う事もあります。

分与の割合は財産形成の貢献度で決まります

生産的財産分与においては分与の割合が公平である事が重要です。そのために判例では分与割合は財産形成において夫、妻それぞれの貢献度で決まるという考えをとっています。

ではその貢献度はどのように決まるのでしょう。単純に財産形成への貢献度といってしまうと、夫婦の片方が働いて家計を支えて、もう一方は家事などで生活を支えている場合には公平な分与は難しいです。

ですから判例では収入額のみではなくて、家事労働も評価して、夫婦の財産分与を原則2分の1とする傾向にあります。

分与の対象になる財産はどんなのがあるの?

貢献度は個別の財産ごとに考えるのではなくて、預貯金や不動産、家財道具もすべて合計して、分与割合を適用するのが基本になります。

財産分与の対象になるのは金銭が多く、半数以上を占めます。その他は土地や住宅などの不動産や現金以外の動産つまりは車や家具などです。

更に借金やローンも財産分与の対象になります。結婚期間が長い人ほど財産分与の額も大きくなる傾向があります。ちなみに特有財産の場合は夫婦それぞれの個別財産と考えられるので、清算的財産分与の対象にはなりません。

離婚する時には財産分与の事まで気が回らない人も多いかもしれませんが、財産分与に関して後でトラブルにならないようにしっかり勉強しておきましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ