離婚で慰謝料を払ってほしい!慰謝料はどんな時に請求できるの?

離婚前に話し合うお金の問題でも、特に慰謝料に関しては感情に左右されやすいのではないでしょうか。

しかし、法的な意味を理解しない限り冷静に話し合う事は出来ません。

慰謝料というのはどのような時に請求できるのか、現実的にはいくらくらい請求できるのか解説します。

慰謝料は精神的苦痛に対しての弁償金

損害を与えた側が損害を受けた側に被害弁償する事を損害賠償といいます。慰謝料はこの損害賠償の中の精神的苦痛に対しての被害弁償金です。

離婚の慰謝料は離婚の原因になった相手方の行為によって被る精神的苦痛に対しての損害賠償金という事ができます。精神的苦痛は程度や感じ方は人それぞれになりますから、明確に基準があるわけではありません。

ではどのような場合に慰謝料は認められるのでしょう。

相手方の行為に違法性があれば認められる

典型的なのは不貞行為です。配偶者以外と肉体関係を伴う関係を持つ。いわゆる浮気とか不倫などです。それから暴力もあります。証拠があれば確実に慰謝料の請求に成功するでしょう。

配偶者に対しての暴力はDVなどと言われますね。よく耳にする事があるのではないでしょうか?

慰謝料が認められるには相手方の行為が違法である事が前提になります。ですから本人が精神的な苦痛を感じても、相手方の行為が違法とまでは言えないなら認められません。

単なる不仲や性格が合わない、価値観が違うなどによる相手方の行為は、それだけで違法とは言えません。

慰謝料はどれくらいの額が請求できるのか

精神的な苦痛というのは客観的な算定は難しく、慰謝料の明確な基準は存在しません。一般の離婚の場合に支払われる慰謝料としては実体としては400万円くらいまでが多いです。

100万円以下のケースも珍しくありません。平均的には300万円くらいです。1000万円以上の高額な慰謝料が請求される事もありますが、それは支払う側に十分な経済力がある事が前提となります。しかも、長期間にわたり不倫を重ねてきた時などです。

慰謝料の請求ができるのは離婚した後3年までです。
もし、離婚時に経済力が無くても、その後に仕事で成功をおさめて支払い能力が出来た時には、3年以内なら慰謝料の請求ができます。ただ、注意点として離婚時に慰謝料を放棄した人は請求する事が出来ません。

離婚はいろいろな痛みを伴うもの。それが相手方の不貞行為によるケースも珍しい事ではないでしょう。そんな時に慰謝料の請求も当然の権利と言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ