泣き寝入りをしないために!離婚慰謝料請求について知っておくべきこと

離婚の原因は様々ですが、離婚のパターンとして相手のせいで離婚しなければならないケースがあります。

例えば配偶者からの暴力やモラハラ、配偶者の浮気などが原因で離婚するようなケースです。

はっきり言って腹が立ちますよね。そんな時は毅然とした態度で慰謝料を請求しましょう。

離婚慰謝料とは?

離婚慰謝料とは、離婚する時に一方の配偶者に主な原因があるときに他方に対して慰謝料を支払う義務です。

離婚慰謝料の対象となる離婚原因は?

離婚すれば、慰謝料が貰えると思っている方はいませんか?慰謝料をあてにして離婚したのに実際には慰謝料を貰えなかったなんてことにならないように慰謝料の対象となる離婚原因を知っておきましょう。

慰謝料はそもそも精神的苦痛に対しての損害賠償です。相手配偶者の暴力や浮気はもちろん離婚慰謝料請求の対象になりますが、例えば性格の不一致などが原因の離婚は慰謝料の対象とならないケースが多いです。

一方でモラハラは離婚慰謝料請求の対象となります。モラハラと性格の不一致の線引きは正直微妙なところなので離婚を考えている方は、専門家への相談をオススメします。

離婚慰謝料請求には消滅時効があるので注意

離婚が成立して相手から慰謝料を貰える立場になった時は早めに離婚慰謝料請求権を行使しましょう。

離婚慰謝料請求には時効があるからです。基本的には離婚が成立してから3年で時効にかかると考えて良いでしょう。

何かの理由で離婚慰謝料請求を行使しないでいて時効が迫ってきたときは、支払い督促や訴訟の提起などの法的手続きを取ることで時効を止めることができます。

さらにもっと時効が迫って時間的余裕がない時には、簡易な手続きとして内容証明郵便を送付することで時効を6カ月だけ止めることができますので、その間に訴訟の提起や支払い督促をして時効を完全に停止しましょう。

口頭で離婚慰謝料を請求してもダメです時効を止めるならあくまで法的手続きである支払い督促か訴訟提起が必要です。

離婚慰謝料請求は当然の権利です

離婚慰謝料請求は法律で認められた権利です。相手に責任がある離婚の時には毅然とした態度で離婚慰謝料請求をするべきです。離婚したという事実は一生ついてまわるのですから当然ですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ