家事分担の約束を守らない夫に頭にきて離婚を決意 女性 20歳 A.M.さん

女性であれば誰でも結婚したいと思います。ですが同じく、結婚した人の大半は離婚をしたいと思った事が少しでもあるはず…。

「でもどうしていいかわからない!」そんな方に19歳の時に結婚後、わずが1年半で別れを決意した私の離婚経験をご紹介します。

高校からの付き合いだった主人に別れ

結婚当初の私と元夫は高校生から付き合いで同棲が早かった為新婚気分ではなく、まるで熟年の夫婦のようでしたがお互い愛し合い、長く続くものだと思っていました。

結婚して二ヶ月が過ぎ、専業主婦だった私に働いて欲しいと言い、その時に家事分担は自分もやると公言したのにも関わらず、いざ仕事に就くと全く家事をせず文句を言うと機嫌が悪くなり会話にもなりませんでした。それが半年以上続きました。

そして私も仕事が楽しくなり、職場の同僚と仲良くなり遊んだりしていたのですが、帰れば元夫は家事を全くしないのに文句だけ言われていました。

ある日、仕事が忙しくて疲れて帰って来た際、「ごはんはまだか?」との一言。それだけなら我慢できたのですが、「炊飯器でご飯さえも炊けないのかしら?」と言うと「家事は女がする事だ」と言われ、頭にきた私は別れを決意しました。

別れを決意してからの私の行動

別れを決意してから数日後、実家が近くにあった為二ヶ月程別居し、その間に気持ちが変わるならと思っていましたが全く、気持ちは変わらず遂に自宅に離婚届をサインをしてもらいに行きました。

ですが納得のいかない夫はサインせず、別れないの一点張りでした。そして数日後に話し合いをし気持ちが全くないと伝え、理解してくれたのか、サインをしてもらいました。

引っ越しする際、あまり元夫と会いたくなかったので元夫が仕事で家を開ける日に荷物をまとめ出て行きました。その後お互いのサインがされた離婚届を提出しに行き、元夫の顔を見たのはこれが最後になります。

人生どうなるのかわからない

離婚して数ヶ月後、離婚の相談をしていた職場の同僚と付き合いだし、今その人と結婚し生後数ヶ月の息子がいます。今でこそ考えてみると、当時は心のどこかでは元夫と今の主人を比べていたのかもしれません。

再婚してもうすぐ1年になりますが、離婚したいとは全く思いません。それは息子がいる事ももちろんですが、元夫の存在があったからこそ、今の主人がとても素晴らしく思えるからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ