離婚で戸籍はどうなるのか教えて!筆頭者かどうかで大きく違いがある

離婚により様々な変化がありますが、経済面に次ぐ大きな変化は戸籍の問題ではないでしょうか。離婚と戸籍にはどのような関係があるのでしょう。

離婚する事でどのような変化があるのかここで解説します。

離婚とは夫婦の戸籍を分ける事でもある

離婚するという事はこれまで生活を共にしてきた夫婦は別々になり、独立した所帯で生活をしていくのが一般的です。しかしこのような状態にあっても別居中ではあるけどまだ離婚は成立していないという事もよくあります。

離婚と別居の大きな違いとは何なのでしょうか。

離婚とは単に生活を分ける事ではないのです。離婚するという事は結婚の際に一緒にした夫婦の戸籍を別々に分けるという事ができます。

つまりは法律上で言う離婚成立というのは戸籍上、夫と妻がそれぞれ別々の籍になる事を指します。

筆頭者であるかないかで戸籍に大きな違いが出る

結婚の際には夫と妻はそれぞれの戸籍から出て、新しい戸籍を作った事を覚えているでしょうか?

結婚の時そのような意識は特にしていなかったかもしれませんが、実は婚姻届というのはそれまで親と同じ戸籍に入っていた夫・妻それぞれが独立し2人の戸籍をつくるための届けだったのです

婚姻届には筆頭者を記載する欄があり、ここに夫の名前を記入する人が多いですが、離婚する時にはこの筆頭者かそうでないかで戸籍に大きな違いが出ます。

離婚に際しては筆頭者でない側が結婚時の戸籍から離れる事を余儀なくされます。いっぽう筆頭者の戸籍には変化はありません。

筆頭者でない人の戸籍の選択には2段階ある

筆頭者でない人の戸籍はどうするのでしょうか。まず2つの段階で戸籍について記入する必要があります。

婚姻前の氏に戻る藻の本籍という欄には、元の戸籍に戻るもしくは新しい戸籍をつくるという2つの選択欄が設けられています。離婚に際して籍を抜く側はまずはこの2つの選択肢から1つを選ぶ事になるのです。

元の戸籍に戻るを選んだ時には元の戸籍というのは結婚前に属していた親の戸籍ですから、離婚後の本籍地は親と一緒になります。

一方新しい戸籍を作るを選択した時にはさらに決めないといけない事があります。つまり本籍地をどこにするのか、新戸籍の姓をどうするかという事です。

本籍地についてはどこにするかは本人の自由で決める事が出来ます。新戸籍の姓を旧姓に戻すのか結婚時の姓を名乗るのかも決めないといけません。

離婚するという事は戸籍に大きな変化が生まれる事です。離婚したい気持ちでいっぱいいっぱいかもしれませんが、戸籍の事は避けて通れないのですから、この事も考えておきましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ