アメリカでの結婚生活で精神的不安定に!離婚後日本に戻って楽しく過ごしています

性別 女性
イニシャル M.T.さん
結婚した時の年齢 33歳
結婚した時の相手の年齢 31歳
結婚期間 5年
子ども 1人

私は結婚3年目より主人の仕事の都合でアメリカで生活をしました。日本で生まれ育ち、10年間日本で働いてから結婚した私にとってはアメリカでの生活は言葉や文化の面で想像以上に大変で、それに出産、子育てが重なって将来への不安が大きくなりすぎて精神的に不安定でした。

離婚をして子供を連れて日本に戻り、仕事も決まっていない中、先行きが不安なのは間違いありませんが、子供が楽しく日本の幼稚園に通い、私もストレスなく生活ができるので精神的にすごく安定しています。

アメリカでの就職を私の意見も聞かず決められてしまった

結婚したときは主人は日本の大学で研究の仕事をしていました。所属していた大学の研究施設は日本の中でもトップを争うくらいの研究グループで、仕事自体は忙しかったものの、収入も安定しており順調に生活をしていました。

また結婚に合わせて家具や家電、車などこだわりのものを数多くそろえて結婚生活は順調にスタートしました。しかし主人は仕事に不満があったのか、もっと上を目指したかったのか、それとも当時住んでいたところがあまり好きではない街だったのか、しきりに転職をしたいと言っていました。

別の場所で主人がやりたい研究があるのならそれで仕方がないとは思っていましたが、本心はどのように考えているか私には一切教えてくれませんでした。

ある時、突然アメリカの研究施設の採用試験を受けて、ほぼ内定をもらったと言われたのです。主人の仕事があってこそ生活ができているのは事実ですが、日本での引っ越しとアメリカへ引っ越しのは全く違います。

言葉も子供の教育も、食べ物も、日本とは全く環境が違う中での生活は想像がつきませんでしたが、苦労することは目に見えています。

アメリカの仕事の試験を受けるのなら、その前に一度私に相談して欲しかったと言ったのですが、その時点ではもう遅すぎました。数日後、内定をもらったということを聞いて、正直嬉しくありませんでした。

アメリカへの引っ越し、生活は苦労の連続

アメリカへ引っ越しをするとなると、日本での引っ越しとは違い、旅費が高額、引っ越しの荷物を送るのも高額、通貨も違う、日本で使い慣れている化粧品や日用品、キッチングッズなどを使いたければ持って行かなければならないけど送るのにも高額なお金が必要、など本当にたくさん考えることがありました。

さらに現地に着いてからは住居を決めて、家具を買って、さらには車も買わなければならない、子供の幼稚園も探さなければならない、やること満載でした。

その中で、なぜアメリカなんかに就職を決めたのだろうか、採用試験を受ける前に一言相談してくれたら絶対に苦労すると言って反対してアメリカ行きの話がなくなったかもしれない、と何度も考えて主人の身勝手さに怒りが募るばかりでした。

実際にアメリカに到着してからも、主人は仕事のことで手一杯ですが、私は言葉が分からない中、何とか日本人の友達を見つけて幼稚園探し、生活の立ち上げをやりましたが、日本にいたらこんな苦労しなかったのに、と思うことだらけでした。

離婚をしてアメリカに戻らなくていいと考えると精神的に安定

結局、アメリカで5年間生活をしましたが、何度もホームシックにかかり、私が精神的に不安定なので余裕がなく子供に辛く当たることが多く、子供も言葉が通じない中での幼稚園は辛いようで、とうとう限界が来てしまいました。

精神的に不安定になる度に、なんでアメリカで就職を決める前に相談をしてくれなかったのかと主人に問いただしましたが、そんなにアメリカが嫌なら離婚をして帰ればいいと言われるだけで、主人に対する怒りも頂点に達していました。

そこで思い切って子供を連れて日本に帰国することにしました。帰国するにも旅費や荷物を送る費用がかなり高額でした。日本に戻って別居して3か月後、主人からこのまま別居しても仕方がないので離婚したいと言われ、承諾しました。

離婚をして子供を一人で支えていかなければならないと思うと不安でしたが、もうアメリカに戻らなくてもいいと思うとすごくすっきりして、前向きに物事を考えられるようになりました。

アメリカで生活をしていたころ、日本に両親や友達など大事なものを残してきているという気持ちが強かったのですが、今では両親や友達に支えられて一人親として頑張っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ