気持ちが急激に離れたのがきっかけ!両親を説得後に早々離婚!

性別 女性
イニシャル M.Y.さん
結婚した時の年齢 30歳
結婚した時の相手の年齢 30歳
結婚期間 3年
子ども なし

結婚当初はすごくうまく行っていたのです。

お互いに強く惹かれ合ったのは事実で、あまりに好きになったので相手のことを深く知らずに一緒になりました。

それが悪かったのでしょうね。

結婚して見ると憧れの現実の違いにどんどん気持ちが冷めてしまったのでした。

気持ちがどんどん離れて行った!

急激に気持ちが離れて行って、そのことに戸惑いました。

最初は夫のすることを何でも許していたのに、気持ちが離れると許せていたことが許せないことに変わりました。今度はやることなすこと不満に思ってしまって、気持ちがどんどん冷めて行ったのです。

おそらく夫も同じように私に冷めて行きました。このようにしてお互いがお互いの嫌な所ばかり目につくようになって離婚しようと思ったのです。このままいても愛情は戻って来ないと思いました。

すぐに家を出られるように物の整理をした

離婚しようと思ったときはとにかく身辺整理をしました。すぐにでも家から出て行けるように旅行鞄を準備して用意したり、周りの物を片付けたりして過ごしました。

そうしていたら気持ちが穏やかになって行ったのです。離婚には少々迷っていたのですが、身辺整理をしていたら「よし、完全に別れよう」と言う気持ちになりました。気持ちの切り替えができたと思います。

離婚を切り出す前はほとんど夫と目を合さない毎日を過ごしました。こうして夫にも別れのサインを出していたのです。

両親に分かってもらうことが大変だった!

離婚を進める前に大変だったのは両親の説得です。

初め離婚の原因を言っても全然納得してくれませんでした。特に母が許してくれなかったのです。この説得には時間がかかりました。夫とは親の紹介で知り合ったのです。自分たちだけの恋愛結婚だったら言わなかったかもしれませんが、両親の紹介だったこともあり、私は離婚する前に親に報告したのです。分かってくれるまでに大分時間がかかりました。

離婚前と離婚後で変わったこと

離婚をして独り身に戻ってすごく気持ちが晴れ晴れとしました。それまで世間の目とか親の目とかを気にしていたけど、気にしなくて良くなって解き放たられような自由を感じました。

ブリザードの様な夫婦関係のときもあったので、夫から離れられて気持ちが穏やかです。少々生活は困窮しているけど、でも充実した毎日を送れています。

離婚をするというのは大変なことですが、それでも乗り越えて「もう一度頑張ろう」と言う気持ちになりました。結果的には離婚して良かったと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ