酒癖の悪い夫の暴力で離婚を決意!早めに行動して良かった!

性別 女性
イニシャル K.A.さん
結婚した時の年齢 22歳
結婚した時の相手の年齢 28歳
結婚期間 2年
子ども なし

離婚の原因は「知らなかった夫の一面」でした。それまで温和で優しい人だと思っていたのです。

それなのに急に夫は豹変してしまいました。そんなところが怖くなって、別れを決意したのです。

もっと早く夫の不穏な部分に気づいていたら良かったのにと後悔しています。

結婚当初は夫の酒癖の悪さを知らなかった

結婚した当初は一緒に新しいマンションに住むようにして二人で仲よく結婚生活をスタートしました。

優しい夫に主婦を任されて、朝夕は食事の準備や家事、昼間は好きなことをして過ごせることに感謝していました。だけどある夜夫は急にお酒を飲んで暴れたのです。そのときに初めて夫のそんなところを見て、酷い酒癖の悪さを知ったのでした。

本当にびっくりしたし、今でもあの日のことをよく覚えています。恐怖すら感じる変貌でした。

離婚の原因は夫からの暴力!

酒癖の悪さはありながら、仕事も真面目だし、最初はお酒代がかかるくらいだとぐっと我慢していたのです。

でもある酔っ払っている時に、夫のお酒を止めようとしたら思いっきり顔を殴られました。この暴力にびっくりして、私は言葉もなかったです。この瞬間に私は離婚を決意しました。暴力を振るう夫とは絶対に離婚しようと固く誓いました。

苦労したのは夫と別れること

離婚を切り出す前には弁護士を用意して間に入ってもらいました。そして離婚届を出したら、夫はすごく驚いて私に手を挙げようとしました。

そこは弁護士さんに間に入ってもらって助けてもらって、離婚を進めようとしました。しかしここで夫がなかなか離婚届にサインしてくれずに困りました。

この夫と離婚をしてくれるように何度も何度も話し合いをしたのです。時には夫の母まで乱入してきて私に必死で謝って許してもらおうとしたこともあります。こんな感じで話し合いが進まずすごく大変でした。これを納得してもらうまでに半年以上かかったのです。

最終的にやっぱり離婚は良かった!

ただ最終的に離婚ができて、私は心から安心しています。これからはもう暴力を振るわれる心配もないし、酒癖の悪い夫に怯えることもないでしょう。

早めに離婚を決断したことは良かったと思っています。夫に暴力沙汰を起こされたなんて本当に勘弁してほしいですからね。離婚裁判に持ち込むことも考えたけど、一刻も早く夫の離れたかったのでしませんでした。

離婚して悪かったことは世間体が少し気になることくらいでしょうか。離婚して良かったことの方がずっと多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ