離婚の原因は旦那との性格の不一致!ちょっとだけ後悔な私の離婚話

性別 女性
イニシャル A.Y.さん
結婚した時の年齢 26歳
結婚した時の相手の年齢 27歳
結婚期間 1年
子ども なし

私たちはお見合い結婚しました。

相手は大企業の役員さんだったし、結婚する相手としては申し分なかったのです。

だからあまり相手のことをよく知らないまま結婚をしました。

これがいけなかったのでしょう。一緒に暮らしてみていっぱい嫌な所が見えてきたのです。

離婚の原因は性格の不一致

離婚の一番の原因は性格の不一致です。

結婚当初は気づかず一見うまくいってそうだったけど、数週間後に気づいたのが性格の不一致でした。何かにつけて旦那と私は考え方が正反対なのです。食べ物の好みが合わなくて食事に困ったり、同じニュースを見ていても物事の考え方が違いすぎて会話が噛み合わなかったり、見たい番組が違って喧嘩したりなど明らかに性格の不一致に悩みました。

このせいでストレスがたんまりたまるようになって、どうしても離婚したくなったのです。

離婚を切り出す前に雰囲気を出していた!

離婚を切り出す前にはすでに同じ部屋で寝ることはやめていましたし、必要最低限の言葉しか交わさないようになっていました。

そうやって旦那と離婚する雰囲気をわざと醸し出しながら数か月過ごしました。このように旦那に心の準備をさせたことで、離婚の話はすごく早く進みました。離婚を切り出す前に相手にそれとなく分からせることって重要だと思います。

離婚を進めながらの再就職探しが大変

離婚を進めるときに大変だったのは並行して行う再就職探しです。ハローワークを周ってみたけど、採用してくれそうな先は見つからずに就職のために資格を取ったりし始めました。

これが大変でしたね。旦那と離婚するまでは仕事なんて全くしていなかったので、それを正職員として雇ってもらおうと思った時に苦労しました。やっぱり主婦というだけでは採用されることが難しいですからね。

少しだけ後悔!我慢するべきだったかも!

離婚をした後で私は少しだけ後悔しているのです。確かに性格の不一致に苦しみました。でもその後何度か結婚を繰り返して性格って完全に合う人ってむしろ少ないんだなと分かりました。

性格の不一致以外で特に旦那に問題はなかったのです。給料の稼ぎも良かったし、生活には苦労したことはありません。その事を考えたらもう少し我慢したらよかったんじゃないかなと後悔しています。

離婚して良かったことと言えば、離婚経験からお見合い結婚はなるべく避けるということを学んだことくらいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ