離婚後もペットを飼い続けられますか?話し合いがダメなら財産分与!

夫婦でペットを飼い始めたところ、離婚することになってしまい、ペットの引き取りを巡り争いの起きる場合があります。

それでは、夫婦で飼っていたペットについて離婚後の飼育者を巡り争いが起きた場合、どのように解決されるのでしょう?

ペットは子に似て非なるもの

夫婦が、子ども同然に愛情を注いで育てていたペットであっても、人間の子と同様に考えることはできません。ペットは法律の世界では「物」として扱われます。そのため、離婚に伴うペットの飼育者の決定は、夫婦共有財産の清算つまり財産分与の問題として解決されることになります。

財産分与の解決方法

財産分与は、当事者の合意があれば、それに従います。離婚後のペットの飼育に関する問題について、夫婦間で合意に至れば、それにより問題は解決します。しかし、合意できない場合は、家庭裁判所に財産分与の審判を求めることになります。

このとき家庭裁判所は、夫婦間の一切の事情を考慮して、財産分与の額及び方法を定めるものとされています。ペットは1つの体ですから、これを2つに分けて夫婦で半分ずつというわけにはいきません。

そこで、婚姻中の飼育の状況、ペットに対する愛情の有無及び程度、ペットの飼育に関する知識・経験、離婚後の飼育環境及び飼育能力などの事情を考慮して、所有者を決めることになるでしょう。

このときペットの財産的価値がある場合には金銭給付を伴うでしょうが、一般的には、成長したペットには殆ど価値は殆どない(これはもちろん市場価値という意味です。)とされています。

飼育費や面会交流を求めることはできるの?

ペットは人間の子ではありませんから養育費と同じように飼育費を請求することはできません。また、同様に面会交流について認められることもありません。したがって、この問題については、当事者の話し合いにより決めていくほかありません。

飼えなくなったから捨てるはダメ!

なお、離婚後、ペットを飼育することにはなったものの飼育費は払ってもらえないからといって、ペットの飼育を放棄して、捨てることは動物愛護法により禁止されているため、注意しましょう。

ペットは人間の子と同じではありませんが、単なる物でもなく、命のある動物ですから法律の世界でも一定の保護がなされているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ